LATEST ENTRIES
旅の情報
【JTB】旅館・ホテル予約
大手旅行代理店JTBの日本国内宿泊予約サイト。ポータルサイト最大手とも提携している人気コンテンツ

【JTBの海外ツアー】全世界5万コース以上!
大手旅行代理店JTBの海外ツアー情報総合サイト
デジタルカメラ情報
カメラのキタムラ インターネット店
全国ネットカメラ専門チェーンのインターネット店。デジタルカメラやデジタルカメラ用品などの通販通信販売


-----------------------
■阪急交通社

旅行情報メルマガ登録で旅行プレゼントが当たるキャンペーン中。メールアドレスと都道府県を入れるだけの簡単登録。(登録無料)

お目当ての商品検索

RECENT COMMENTS
  • グエル公園のグエルはエウセビオ・グエルのグエル スペイン旅日記440:スペイン旅行記
    北村 泰祐  (03/30)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    curry rice (03/23)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    たにし (03/21)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    にゃーす (03/19)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記747:車窓の風景
    curry rice (01/19)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記747:車窓の風景
    たにし (01/18)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記506:仰ってることは、少年の心を持ってる系という感じ
    curry rice (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記506:仰ってることは、少年の心を持ってる系という感じ
    たにし (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記505:シャンゼリゼ通り
    たにし (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記456:ガール・ドゥ・リヨン駅(Gare de Lyon)
    curry rice (12/16)
CATEGORIES
ARCHIVES
BlogPeople
..... 私をBlogPeopleに登録
PROFILE
管理人へのメール送信フォーム
Powered by NINJA TOOLS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
旅先写真館


街角スナップ写真


ブログランキング・にほんブログ村へ


 
 
A traveler's diary
<< ナンテン(南天) | main | やることが振るってる スペイン旅日記213:スペイン旅行記 >>
面の皮の厚さはかなりのモノか? スペイン旅日記212:スペイン旅行記
■3日目(平成17年12月3日 土曜日)

マドリード、アンダルシア地方・コルドバ〜セビリア

コルドバ中央駅

現地ガイドのクリストバルさん、添乗員捜しを諦めたのか、
ツアー参加者のスーツケースをAVEのドアサイドへ移動する作業を再開した。
そして、ドアサイドに運ばれたスーツケースをホーム上に降ろす私。
なぁ〜だ、コルドバ駅のポーターは私だったのね・・・。(笑)
途中から見かねたのか新婚さんのダンナさんもポーター役を買って出て、
作業効率はアップした。
こうして、ツアー参加者26名分のスーツケース回収作業は終了。
スーツケースが積み上げられていたスペイン新幹線AVEの貨物室は
ほぼ空になった。
このほぼ空っぽとなったスペイン新幹線AVE貨物室の映像は、
旅の想い出として頭の中に浮かぶリアルな映像として残っている。
もしかしたら、
今回の旅の中で一番ハッキリと覚えている映像かも知れない。
それだけ印象深い出来事で見た場面だったということであろう・・・(遠い目)
っと、そこへ、
我らが添乗員登場!
コルドバ駅ホームの遠くの方からドタドタと足音響かせながら
ツアー一行の元へ駈け寄り、
ハーハー、ゼーゼーしながら開口一番、
「すみませーーん!!」
「ポーター見つかりませんでした!!」
「ごめんなさいっ!!」
なんて登場の仕方を
この期に及んでこの添乗員がするわけもなく・・・。(苦笑)
ではどんな登場の仕方だったかと言えばこうだ。
いつのまにそこにいたの?ってな感じでツアー一行の輪に近づき、
最後のスーツケースを降ろし終わったのを見計らって
一行の輪をかき分けAVE貨物室ドアの前に立った。
そして、AVE貨物室内の確認だ。
彼女本人の荷物がAVE貨物室内に取り残されているのを見つけ
現地ガイドクリストバルさんに指示して、ドアサイドまで運ばせ
そのバッグを自分で回収。
さて、このあと彼女は何と言うのだろう?
ワクワク。(笑)
「では、出口はあっち」
って、それだけかい・・・。(呆)
そして、彼女の指示に従い歩き出すツアー一行。
もしこのツアーに頑固オヤジが参加していたのなら、
ここで一発ガツンと言ってやるところだが、
残念ながら、
今回のツアーにガツンと言える頑固オヤジは参加していなかった。(含む私)
まっ、よく考えれば、このツアーにはお人好しなが混ざっていたため

ツアー参加者皆さんのスーツケース

この私がほいほいと列車から

文句一つ言うことなく(大人の対応ってやつ)黙々と

何十個と降ろしてあげた(重〜いスーツケースを)ので
実害がなかったに等しいのだが・・・。(笑)
今回のツアー同行者の皆さんはラッキーでしたねぇ〜。
誰に言われるともなく、
率先して自らポーター役を買って出る
この私の様な
ボランティア精神溢れるツアー客と一緒で。
ホント、こんな幸せなことは滅多にないことかもしれませんねぇ〜。
「コルドバ駅でスーツケースをアヴェから降ろすのは自分たち」
と、
事前に何度となく繰り返された添乗員のいい加減な説明で予想していた。
(もしかしたら、予想が当たって、「私の感は鋭い!」とうれしかったくらい?(笑))
だからこそ、
速やかに行動に移れた私。
でも心中は、
いや〜、添乗員が行方不明になってしまって、
とってもとっても不安な気持ちだったなぁ〜。
見知らぬ外国だものなぁ〜。
怖い、怖い。
とっても怖い。
あぁ〜怖い。



現地ガイドのクリストバルさんがAVE貨物室から飛び降りたとたん、
それを待っていたかのように(実際、待ってた筈)
AVE貨物室のドアは自動的に閉まり、間髪入れずセビーリャ駅に向け発車。
実際の発車時刻は午後1時46分だったので、
定刻(午後1時44分)から2分遅れで発車したことになる。
コルドバ駅到着が定刻より3分早くなかったら、
ピッタリ5分遅れの出発となるところだ。
出発の5分以上遅れは運賃払い戻しには関係無いのだろうが、
我々のスーツケース回収がもたついていたらコルドバを出る時間が更に遅れ
セビージャ駅へ向けいつもより余計に飛ばしております状態となったのは
間違いない?

このツアーにお人好しなこの私が混ざっていなかったら、
アヴェの発車はさらに遅れ、
日本人ツアーの恥をスペインでさらしていたかも知れない。
5分遅れの運賃払い戻しとなって、損害賠償とかあったり?(笑)
このツアーにお人好しなこの私が混ざっていてあぁ〜良かったですねぇ〜。

過去、同じ旅行社の別のツアーに参加したときに、
同じように列車に乗り、
「もしかしたら、駅到着がお昼時なのでホームにポーターが来ていないかもしれません」
「その場合、すみませんが男性の皆さん、
 スーツケースを列車から降ろす作業をご協力お願いします」
と、事前に正直に説明のあったその時の担当添乗員さん(その会社でいうところの人気添乗員だった)とは
今回の添乗員は大違い。
私は、誰かにスーツケースを電車から降ろして貰うのは、ツアー代金に込みとは思ってないですよっ)
 ↑
一々、説明書きを書き加えておかないと理解できない方がいるようなので。(苦笑)

何も添乗員に特別なことをして欲しい、特別扱いして欲しいとかいう気持ちはさらさら無く

普通のことを普通にこなす添乗員さんに当たりたいものだ。

(たま〜にあるこのブログに対する読解力無し、または、
流し読みで勝手に曲がって解釈した思いこみコメント書き込み者向けに、
判りやすく赤字表現、そして、かみ砕いた加筆をしてみた)

「お金を払っているんだから何でもやるのが当然と思っているあんた(私のこと)」
と、どこでそう捉えるのか読解力のないアホなコメントが
このブログに何度かあったが、
やりもしないこと(私にしてみればやってくれなくても構わないこと)を
さもやるようないい加減な説明を繰り返し、
挙げ句の果てにツアー客をほったらかして行方をくらますダメ添乗員が問題なのだ。
こちらこそ、こちらこそ
思いこみアホコメントを書き込むようなヤツとは、同じツアーに当たりたくないですよっ。
願い下げ、お断り。(笑)
いちいち、人様のブログに揚げ足取りなアホなコメント書き込んでないで、
時間を有効に使いなさい。(笑)
ということで、
読解力無しコメントは、「己も人を不快にしていることが判っていないのかいな?」という内容なので
毎回、削除している。

何故なら、このブログはこういう事があったという記録のブログで、

尚かつ、このブログのルールブックはこの私だから。(笑)

(意味判るかなぁ?理解されるつもりもなければ説得するつもりもないけどねぇ〜)



続く・・・




■旅の情報
 スペイン・バルセロナ

 スペイン・マドリード

 スペイン・トレド

 スペイン・セビーリャ

 スペイン・コルドバ

 スペイン・グラナダ



<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2005年スペイン旅行記 TOP Pageに戻る ]




| 2005スペイン旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | この記事URL | - | - | ↑ PAGE TOP











http://numazu.jugem.cc/trackback/2044