LATEST ENTRIES
旅の情報
【JTB】旅館・ホテル予約
大手旅行代理店JTBの日本国内宿泊予約サイト。ポータルサイト最大手とも提携している人気コンテンツ

【JTBの海外ツアー】全世界5万コース以上!
大手旅行代理店JTBの海外ツアー情報総合サイト
デジタルカメラ情報
カメラのキタムラ インターネット店
全国ネットカメラ専門チェーンのインターネット店。デジタルカメラやデジタルカメラ用品などの通販通信販売


-----------------------
■阪急交通社

旅行情報メルマガ登録で旅行プレゼントが当たるキャンペーン中。メールアドレスと都道府県を入れるだけの簡単登録。(登録無料)

お目当ての商品検索

RECENT COMMENTS
  • グエル公園のグエルはエウセビオ・グエルのグエル スペイン旅日記440:スペイン旅行記
    北村 泰祐  (03/30)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    curry rice (03/23)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    たにし (03/21)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    にゃーす (03/19)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記747:車窓の風景
    curry rice (01/19)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記747:車窓の風景
    たにし (01/18)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記506:仰ってることは、少年の心を持ってる系という感じ
    curry rice (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記506:仰ってることは、少年の心を持ってる系という感じ
    たにし (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記505:シャンゼリゼ通り
    たにし (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記456:ガール・ドゥ・リヨン駅(Gare de Lyon)
    curry rice (12/16)
CATEGORIES
ARCHIVES
BlogPeople
..... 私をBlogPeopleに登録
PROFILE
管理人へのメール送信フォーム
Powered by NINJA TOOLS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
旅先写真館


街角スナップ写真


ブログランキング・にほんブログ村へ


 
 
A traveler's diary
<< 戦国自衛隊→戦国自衛隊1549→戦国自衛隊・関ヶ原の戦い(映画→映画→ドラマ)(角川映画→角川映画→日本テレビ) | main | えっ!KONICA MINOLTAコニカミノルタ、カメラから完全撤退決定 >>
レストランなんかの席決めは便所の横が割り振られることが多いしょぼい夫婦  スペイン旅日記84:スペイン旅行記
■1日目(平成17年12月頭日 木曜日)

スペイン・マドリード
ホテル ウエリントン

フロント前ロビーでの添乗員による説明の後解散。
渡されたカードキーを持って各自自分たちの部屋へ向かう。
エレベーターは小さくて(確か定員4名くらいだった?)
いつになったら相方と私が乗れるのかわからない状態だったので
階段を使いますか。
我々の部屋は4階、う〜ん、健康的!
同じように数組の方が階段を利用していたが、
途中の階で、
今回のツアー中唯一参加していた新婚カップルが入っていった部屋は・・・。
階段を上りきった所の真正面、
ちょうどホテルウェリントンの正面入り口の真上に当たる角部屋で、
廊下から観音開きの扉を開けて入る部屋だった。
観音開きの扉の奥にはもう一つ同じ様な扉があり・・・。
我々の部屋のドアに掲げられていた避難経路を示すフロア平面図によると
その部屋はかなりゴージャスな部屋だということがわかった。
スペインマドリードマドリッドホテルウエリントンウェリントンHOTEL WELLINGTON五つ星ホテル
すごっ!

その部屋に入っていく新婚さんに向かって声を掛けていた添乗員。
「○○さん、新婚さんだよね」
「ゆっくり休んでね」
意味ありげにわざわざ声をかけていたが、
添乗員采配、添乗員権限、
あるいは添乗員の裁量で新婚カップルにいい部屋を割り振ったようだ。
この時点で、あの新婚カップル二人にとっては、
今回の添乗員はAランクな添乗員として位置づけされたのかもしれない。(笑)
ちなみに、私にとっては今のところ
「ベラベラよく喋る (ツアー参加者全員に対してタメ口)、
 調子のいい女性添乗員」
という印象しかない。

■旅の情報
 スペイン・バルセロナ

 スペイン・マドリード

 スペイン・トレド

 スペイン・セビーリャ

 スペイン・コルドバ

 スペイン・グラナダ




<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2005年スペイン旅行記 TOP Pageに戻る ]



| 2005スペイン旅行記 | この記事URL | comments(2) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | この記事URL | - | - | ↑ PAGE TOP
こんばんは。
添乗員さんは結構重要な位置づけの私ですが
この添乗員さんはNGです、私には。

まず「タメ口」から拒絶します(笑)
親しみがあるとかの線引きは難しいところですが。

今まで何度か添乗員がついたツアーに参加した事は
ありますけど、さすがにタメ口はいませんでしたねぇ。
あっ、去年カナダ・NYに行った際、NY現地係員の
男性は最悪でした。(某J○○の現地法人)
帰国後のアンケートには名指しで けちょんけちょんに
クレームつけました。
(態度が横柄だったのです。)

今後のアップでこの添乗員さんがどう出てくるのか
楽しみです。
それにしても角部屋は豪華そうですね。
| まり | 2006/01/19 9:03 PM |
>まず「タメ口」から拒絶します(笑)
>親しみがあるとかの線引きは難しいところですが。
バス車内とかでのガイド中は
"ですます調" でしたが(記憶したガイド用資料がですます調だから?)
対客に対しての会話やバス車内でのマイクを使った雑談では
砕けてました。
こっちは知らない人に砕けられないので、
いつでも"ですます調"だし、どっちが客なのかという気も。(笑)

添乗員や現地ガイドで、
同じ場所へ行ったとしても全然違うのでしょうね。
| curry rice | 2006/01/20 11:37 AM |











http://numazu.jugem.cc/trackback/1842