LATEST ENTRIES
旅の情報
地歩工房は「地球の歩き方」直営のこだわりの旅行用品専門店
機内持ち込みサイズから大きなサイズまでスーツケース・キャリーバッグ、バックパック、旅行用電気製品など各種旅行用品旅行グッズがなんでも揃うお店。クチコミ情報掲示板は旅行へ行く前の情報収集に便利です。

AB-ROAD.net
(株)リクルートが運営する日本最大級のツアー・航空券・海外旅行情報総合サイト

【JTB】旅館・ホテル予約
大手旅行代理店JTBの日本国内宿泊予約サイト。ポータルサイト最大手とも提携している人気コンテンツ

【JTBの海外ツアー】全世界5万コース以上!
大手旅行代理店JTBの海外ツアー情報総合サイト

安い!全国発着!品揃え豊富な格安航空券サイト「空の旅.COM」 各種格安航空券の販売サイト

世界のおみやげ屋さん
JTBグループのJTB商事による海外のお土産品、国内のお土産品お買い物サイト。買い忘れた土産があったり、重い思いをして土産を持ち帰るのは面倒というときに便利です。

日産レンタカー
ビジネスにレジャーに。日産レンタカーはWeb予約サービス実施中

都市別のツアー情報
■アジア
韓国・ソウル
香港ホンコン
中国・北京
中国・上海
台湾・台北
シンガポール
タイ・バンコク
ベトナム・ハノイ

■ビーチ
プーケット島
サムイ島
ランカウイ島
ペナン島
バリ島
ビンタン島
セブ島
モルディブ
ニューカレドニア
フィジー
タヒチ
グアム
サイパン
パラオ

■ハワイ
ホノルル(オアフ島)
マウイ島
ハワイ島

■ヨーロッパ
イギリス・ロンドン
イギリス・コッツウォルズ
イギリス・湖水地方
フランス・パリ
フランス・ニース
モンサンミッシェル
モナコ公国
イタリア・フィレンツェ
イタリア・ミラノ
イタリア・ローマ
イタリア・アルベロベッロ
イタリア・ベネチア
スペイン・バルセロナ
スペイン・マドリード
スペイン・トレド
スペイン・セビーリャ
スペイン・コルドバ
スペイン・グラナダ
ドイツ・ミュンヘン
ドイツ・ローテンブルク
ドイツ・ライン河
オランダ・アムステルダム
ベルギー・アントワープ
スイス・ツェルマット
スイス・グリンデルワルト
スイス・ジュネーブ
オーストリア・ウィーン
オーストリア・ザルツブルク
チェコ・プラハ
ハンガリー・ブダペスト
トルコ・イスタンブール

■北欧
フィンランド・ヘルシンキ
ノルウェー・オスロ
スウェーデン・ストックホルム

■北米
アメリカ・ニューヨーク
ロサンゼルス
ラスベガス
サンフランシスコ
オーランド
ディズニーワールド(フロリダ)
グランドキャニオン
ヨセミテ国立公園
カナダ・バンクーバー
カナダ・イエローナイフ
カナディアンロッキー
ナイアガラフォールズ
レイクルイーズ
バンフ
ウィスラー

■オセアニア
オーストラリア・シドニー
ケアンズ
ゴールドコースト
ニュージーランド・オークランド
クライストチャーチ

■中近東・アフリカ
エジプト・カイロ
ケニア・ナイロビ
南アフリカ・ケープタウン

■アラブリゾート
ドバイ

■中南米
ペルー・リマ
ペルー・マチュピチュ
メキシコ・カンクン
メキシコシティ


デジタルカメラ情報
カメラのキタムラ インターネット店
全国ネットカメラ専門チェーンのインターネット店。デジタルカメラやデジタルカメラ用品などの通販通信販売


-----------------------
■阪急交通社

旅行情報メルマガ登録で旅行プレゼントが当たるキャンペーン中。メールアドレスと都道府県を入れるだけの簡単登録。(登録無料)

お目当ての商品検索

RECENT COMMENTS
  • グエル公園のグエルはエウセビオ・グエルのグエル スペイン旅日記440:スペイン旅行記
    北村 泰祐  (03/30)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    curry rice (03/23)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    たにし (03/21)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    にゃーす (03/19)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記747:車窓の風景
    curry rice (01/19)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記747:車窓の風景
    たにし (01/18)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記506:仰ってることは、少年の心を持ってる系という感じ
    curry rice (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記506:仰ってることは、少年の心を持ってる系という感じ
    たにし (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記505:シャンゼリゼ通り
    たにし (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記456:ガール・ドゥ・リヨン駅(Gare de Lyon)
    curry rice (12/16)
CATEGORIES
ARCHIVES
BlogPeople
..... 私をBlogPeopleに登録
PROFILE
管理人へのメール送信フォーム
Powered by NINJA TOOLS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
旅先写真館


街角スナップ写真


ブログランキング・にほんブログ村へ


 
 
A traveler's diary
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | この記事URL | - | - | ↑ PAGE TOP
■ 2006年ドイツ・スイス・フランス3カ国周遊の旅 TOP PAGE ■
ドイツ・スイス・フランス3ヶ国周遊の旅

 表紙その2: 6日目から8日目の表紙

 ●出かけるきっかけなど

 その1・・・夢のお告げ
 その2・・・今回ももちろんパックツアー
 その3・・・参加ツアー決定
 その4・・・申し込み完了
 その5・・・旅の下準備
 その6・・・担当添乗員さんからの電話



 ●−1日目(平成18年12月3日 日曜日)

 ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記

 その7・・・自宅出発
 その8・・・京成上野駅にいた怪しい人物
 その9・・・日暮里駅からスカイライナー31号乗車
 その10・・・成田空港駅着(成田空港第1ターミナル)
 その11・・・成田国際空港第1ターミナル展望デッキ
 その12・・・成田国際空港第1ターミナル見学
 その13・・・ビッグボーイ成田空港店で晩ご飯
 その14・・・夜の成田空港
 その15・・・無料シャトルバスでホテルへ
 その16・・・前泊するホテル日航ウインズ成田
 その17・・・ホテルから見る成田空港



 ●1日目(平成18年12月4日 月曜日)成田〜ドイツ

 ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記

 その18・・・地震で起床
 その19・・・ホテルで食べる朝食
 その20・・・シャトルバスに乗り成田空港第2ターミナルへ
 その21・・・空港到着は集合時間の1時間半前
 その22・・・Mカウンターでチェックイン
 その23・・・成田空港第2ターミナルビル見学
 その24・・・空港には世界バレーに出場した選手達がいっぱい
 その25・・・担当添乗員Kさんと対面
 その26・・・スタバでこの日2度目の朝食
 その27・・・パックツアー参加者全員集合(同行者に女子高生集団)
 その28・・・セキュリティチェックと出国審査
 その29・・・成田空港第2ターミナルサテライトへ
 その30・・・JAL JL417便ミラノ行き(B747-400 JA8087)
 その31・・・バレーボール男子ドイツ代表メンバー
 その32・・・バレーボール男子イタリア代表メンバー
 その33・・・乗員による目視機体点検
 その34・・・搭乗開始。そして搭乗完了
 その35・・・前席に座るのはバレーボール男子イタリア代表メンバー
 その36・・・すれ違うイタリア代表とドイツ代表
 その37・・・徐々に埋まっていく座席
 その38・・・動き始めた機体
 その39・・・離陸する日本航空JL417便ミラノ行き
 その40・・・新潟上空から日本海上空へ
 その41・・・スカイタイムゆずとJALあられ
 その42・・・機内食写真(和食・洋食)
 その43・・・ロシア上空
 その44・・・凍るシベリアの大地
 その45・・・にぎやかなイタリアン
 その46・・・リフレッシュメントタイム
 その47・・・竹踏みマッサージを常備
 その48・・・機内で記念撮影をするバレードイツ代表
 その49・・・言い争うバレーイタリア代表指導部
 その50・・・軽食サービス
 その51・・・バレーボール世界選手権公式腕時計
 その52・・・ドイツ上空飛行中
 その53・・・飛行機から見るハイデルベルクの夜景
 その54・・・イタリア・ミラノ マルペンサ空港到着
 その55・・・透明ビニール袋の出番
 その56・・・数年前の記憶とほぼ同じミラノ空港
 その57・・・パスポートに押印されたマルペンサスタンプ
 その58・・・アリタリア航空マイルのカウント完了せず
 その59・・・ターミナル1・Aエリアのイケメン店員
 その60・・・大声で罵りあう外国人カップル
 その61・・・マイレージの加算手続き完了
 その62・・・沖留めされているアリタリア航空AZ418便へ
 その63・・・Alitalia Express Embraerエンブラエル ERJ-170-100LR(EI-DFL)
 その64・・・バレーボール男子ドイツ代表メンバーも一緒に搭乗
 その65・・・軽食サービスALISNACKボックス
 その66・・・ドイツ・フランクフルト空港に着陸
 その67・・・スーツケースはポーターが回収
 その68・・・スーツケースはポーターが回収
 その69・・・長い付き合いとなるバスドライバーは、ローランドさん
 その70・・・アウトバーンを走ってヘッペンハイムの町へ
 その71・・・MERCURE HOTEL HEPPENHEIM メルキュール・ホテル・ヘッペンハイム
 その72・・・ホテル室内の様子



 ●2日目(平成18年12月5日 火曜日)ドイツ(ハイデルベルク・ローテンブルク・ミュンヘン)

 ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記

 その73・・・起床
 その74・・・ホテルの朝食
 その75・・・冬の朝は夜明けが遅い
 その76・・・朝の散歩でホテル周辺散策
 その77・・・ドイツの町らしい木組みの家
 その78・・・通りを行き交う車多し。でも歩いている人はいない
 その79・・・10分間のお散歩タイム終了
 その80・・・電動靴磨き器
 その81・・・思ったことが口に出てしまうことにかけては若者には負けない
 その82・・・ハイデルベルクに向けホテル前出発
 その83・・・ICレコーダーで添乗員Kさんの言葉は一語一句逃さない
 その84・・・高速道路のインターチェンジへ
 その85・・・アウトバーン
 その86・・・お約束?恒例?、車のナンバープレートあれこれ
 その87・・・ただ今イヤホンガイドテスト中
 その88・・・交通渋滞
 その89・・・ハイデルベルグのインターチェンジ
 その90・・・Heidelbergハイデルベルクの街角
 その91・・・ハイデルベルク城プチ情報
 その92・・・ツアーバスは狭い坂道を上っていく
 その93・・・駐車場からハイデルベルク城へ
 その94・・・破壊されたハイデルベルク城
 その95・・・ハイデルベルク城から観るハイデルベルク旧市街
 その96・・・ハイデルベルク旧市街の眺めはいい感じ
 その97・・・ハイデルベルク城無料区域でのフリータイム
 その98・・・ハイデルベルク城無料区域でのフリータイム終了
 その99・・・幸せを呼ぶ門の前で記念撮影
 その100・・・混雑していないハイデルベルク城
 その101・・・ハイデルベルク城有料ゾーンへ
 その102・・・空堀が城らしさを醸し出す
 その103・・・季節柄、城内には大きなクリスマスツリーあり
 その104・・・破壊された建物は演劇舞台のセットの様
 その105・・・きれいな写真で有名だという集団写真におさまる
 その106・・・ワイン倉見学へ
 その107・・・世界最大級のワイン大樽
 その108・・・世界最大級のワイン樽を1周
 その109・・・世界遺産への落書きが問題になったがここにも落書き多数
 その110・・・ハイデルベルク城スタッフによる説明
 その111・・・びっくり仕掛け
 その112・・・ワインを頂く時間無し
 その113・・・ハイデルベルク城バルコニー
 その114・・・バルコニーから観るハイデルベルク旧市街
 その115・・・購入したハイデルベルク城集合写真は最悪の出来だった
 その116・・・見おろすハイデルベルク旧市街
 その117・・・続々やって来る観光客たち
 その118・・・今なら幸せの門は一人占め可能
 その119・・・ハイデルベルク城駐車場へ戻る
 その120・・・行く手をふさがれ貴重な時間をロス
 その121・・・ハイデルベルクの街角
 その122・・・ネッカー川河畔
 その123・・・そこら中が石畳
 その124・・・カール・テオドール橋
 その125・・・カールテオドール橋の上から観るハイデルベルク城
 その126・・・カールテオドール橋からの眺め
 その127・・・鏡をこすると幸せになれる猿の象
 その128・・・雰囲気ある通りを歩く
 その129・・・聖霊教会
 その130・・・マルクト広場
 その131・・・クリスマスマーケットはまだ準備中
 その132・・・土産物屋ユニコンUNICORN
 その133・・・土産物屋ユニコーンUNICORNでトイレ休憩
 その134・・・ハイデルベルクフリータイム
 その135・・・とりあえずマルクト広場に向かう
 その136・・・味のある建物や看板
 その137・・・ホテル ツム・リッター・ザンクト・ゲオルク
 その138・・・この時間、人通りは少ない
 その139・・・クリスマスピラミッドやグリューワインの露店
 その140・・・マルクト広場クリスマス市の露店
 その141・・・スーパーマーケット
 その142・・・フリータイム終了
 その143・・・コルン広場のクリスマスマーケット
 その144・・・カール広場のスケートリンク
 その145・・・「Zum roten Ochsen」(ツムローテンオクセン)
 その146・・・ネッカーミュンツ広場でツアーバスと合流
 その147・・・ネッカー川のプチパナマ運河、閘門
 その148・・・古城街道
 その149・・・一路、ローテンブルクへ
 その150・・・航空博物館「AUTO & TECHNIK MUSEUM Sinsheim」
 その151・・・発電所やベンツの工場
 その152・・・アウトバーン疾走中
 その153・・・車窓に広がるドイツの田園風景
 その154・・・アウトバーンA6号線からA7号線へ
 その155・・・アウトバーンに速度取締機オービス?
 その156・・・ローテンブルクを救った市長さんの話など
 その157・・・ローテンブルク駅
 その158・・・ローテンブルク城壁外到着
 その159・・・駐車場を求め城壁に沿って進むツアーバス
 その160・・・バスを降り徒歩で昼食場所へ
 その161・・・レストラン「Gasthof Rappen」でランチ
 その162・・・スマートに「ソルト&ペッパープリーズ!」
 その163・・・ガセネタを掴ませれてきたツアー同行者
 その164・・・チップは日本円ではなくユーロであげてください
 その165・・・ガルゲン門から城壁内へ
 その166・・・ヴァイサー塔(Weisserturm)
 その167・・・ローテンブルクの街並み
 その168・・・聖ヤコブ教会(St.Jakobskirche)の塔
 その169・・・ドイツといえば木組みの家
 その170・・・マルクト広場とローテンブルク市庁舎
 その171・・・マルクト広場Marktplatzのクリスマスマーケット
 その172・・・マルクト広場のクリスマスツリー
 その173・・・ローテンブルクフリータイムは30分間
 その174・・・市庁舎の塔には登らず
 その175・・・毎日がクリスマス「ケーテウォルファルト」
 その176・・・ケーテヴォルファルト店内は撮影禁止です
 その177・・・Kathe Wohlfahrtの商品カタログ
 その178・・・光り輝く巨大なクリスマスツリーは圧巻です
 その179・・・ゲオルグ噴水
 その180・・・市議宴会館の仕掛け時計や日時計
 その181・・・市議宴会館のからくり時計はしょぼかった
 その182・・・双頭の鷲の紋章
 その183・・・露店で名物お菓子シュネーバルを買う
 その184・・・ローテンブルクフリータイム終了
 その185・・・土産物屋「DURER-HAUS」
 その186・・・土産物屋のトイレは日本人観光客で大混雑
 その187・・・城壁内にバスで入れる城壁内宿泊ツアー
 その188・・・ツアーバスに戻ってローテンブルク観光終了
 その189・・・ツアー中の楽しみは人それぞれ
 その190・・・ローテンブルクは想像していたほどの感動は無し
 その191・・・夕暮れのロマンチック街道を行く
 その192・・・姉妹街道は日本ロマンチック街道
 その193・・・ロマンチック街道から眺める夕日
 その194・・・ディンケルスビュールでトイレ休憩
 その195・・・Googleマップで見るディンケルスビュール駐車場
 その196・・・小型懐中電灯は常に持ち歩きましょう
 その197・・・ディンケルスビュールの城壁に気づかず
 その198・・・予期せぬ長めのトイレ休憩終了
 その199・・・ヨーロッパトイレ事情
 その200・・・ヴァラーシュタイン・ペストのモニュメント
 その201・・・仮眠タイム
 その202・・・どんな場面でもホーンを鳴らさないのがドイツ流
 その203・・・ミュンヘン到着
 その204・・・ミュンヘンの街並み
 その205・・・ナチスゆかりの地ケーニヒス広場
 その206・・・マキシミリアン通りのルイヴィトン
 その207・・・ビアホール「ホーフブロイハウス」
 その208・・・唄って踊ってにぎやかなホフブロイハウス
 その209・・・2階席はハズレです(1階、3階が当たり席)
 その210・・・一同着席
 その211・・・塩味効いた大きなプレッツェル
 その212・・・ホフブロイビールやソーセージ
 その213・・・評判通りの塩辛さ
 その214・・・ホフブロイハウス前の魔法使い
 その215・・・オペラ座
 その216・・・宿泊するホテル フィタリスに到着
 その217・・・室内の様子



 ●3日目(平成18年12月6日 水曜日)ドイツからスイス

 ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記

 その218・・・おめざに食べたシュネーバル
 その219・・・朝食前にチェックアウト
 その220・・・ホテル フィタリスで食べる朝食
 その221・・・ホテル フィタリスVITALIS周辺の様子
 その222・・・バスに乗り込み本日の座席を確保
 その223・・・早朝、ミュンヘンの街角
 その224・・・マリエン橋へのシャトルバスはまだ運行中
 その225・・・ミュンヘンで観る朝日
 その226・・・アウトバーンを走るバス
 その227・・・アウトバーンを降りたツアーバス
 その228・・・ランツベルク郡
 その229・・・放牧された牛たち
 その230・・・フッセンまで32km
 その231・・・ロマンチック街道
 その232・・・ノイシュバンシュタイン城まであと10分
 その233・・・陽の光は山に遮られロマンチック街道は日陰の中
 その234・・・ノイシュバンシュタイン城の第一印象は「しょぼっ」
 その235・・・城の麓ホーエンシュバンガウ到着
 その236・・・ホーエンシュヴァンガウ城
 その237・・・土産物屋GALERIA Lisl前からミニバス乗り場へ
 その238・・・見上げるノイシュバンシュタイン城
 その239・・・ミニバスに乗り山を上がる
 その240・・・マリエン橋の手前でミニバス下車
 その241・・・歩いてマリエン橋へ向かうツアー一行
 その242・・・マリエン橋到着
 その243・・・マリエン橋から眺めるノイシュバンシュタイン城
 その244・・・マリエン橋からの眺めは見る価値あり
 その245・・・マリエン橋
 その246・・・マリエン橋から徒歩でノイシュバンシュタイン城へ
 その247・・・マリエン橋からはしばらく下り坂が続く
 その248・・・ビューポイントから観るホーエンシュヴァンガウ城
 その249・・・ノイシュバンシュタイン城が大きく見えてきた
 その250・・・一行の列はかなり分断して散らばっている
 その251・・・一転して上り坂
 その252・・・ノイシュバンシュタイン城の入場チケット配布
 その253・・・城内観光の入り口へ
 その254・・・正門をくぐり抜け城の敷地内へ
 その255・・・城内観光は時間指定
 その256・・・ノイシュバンシュタイン城から観るマリエン橋
 その257・・・入城待機は2チーム
 その258・・・入城観光の時間です
 その259・・・城内では撮影禁止
 その260・・・城内から外の景色は撮影OKらしい
 その261・・・ルードヴィッヒ2世玉座の間
 その262・・・イケメン捜しが日課な女子高生たち
 その263・・・ワーグナー「ワルキューレの騎行」
 その264・・・ノイシュヴァンシュタイン城内観光終了
 その265・・・徒歩で下山
 その266・・・観光馬車には乗らず
 その267・・・山の途中のレストラン
 その268・・・山の途中から観るノイシュヴァンシュタイン城
 その269・・・上ってきた観光馬車とすれ違う
 その270・・・下山完了
 その271・・・ミニバスと言っても十分デカイ
 その272・・・麓に賑わい無し
 その273・・・ヴィーナスの洞窟見学はカットされたらしい
 その274・・・シュトーレン
 その275・・・バスに乗り込みランチへ
 その276・・・降り出した雨
 その277・・・Hotel Alpenblick(ホテル アルペンブリック)
 その278・・・近所の高校生ではなかった
 その279・・・想像と現実は違っていた
 その280・・・キッコーショウしょうゆ
 その281・・・本日のランチ
 その282・・・噂のカレーライス
 その283・・・デザートはカイザーシュマレン
 その284・・・沼田市からの記念品には気づかず
 その285・・・リヒテンシュタインへ
 その286・・・ワーグナーが子守歌
 その287・・・雨の高速道路
 その288・・・Arlberg Strasentunnel(アールベルグ峠トンネル)
 その289・・・リヒテンシュタイン入国
 その290・・・首都ファドゥーツ到着
 その291・・・リヒテンシュタインフリータイム
 その292・・・リヒテンシュタイン観光局
 その293・・・入国スタンプ
 その294・・・ファドゥーツの街角
 その295・・・巨大なクリスマスツリー
 その296・・・ファドゥーツ城
 その297・・・クリスマス市は準備中
 その298・・・アルプスの少女ハイジの舞台
 その299・・・今夜のホテルはかなりきてそう
 その300・・・スイス・インターラーケンへ
 その301・・・スイスについてレクチャー
 その302・・・夜のスイス移動
 その303・・・スイス・インターラーケンまで59km
 その304・・・スイス・インターラーケン到着
 その305・・・ホテル メトロポーレ(Hotel Metropole)へ
 その306・・・夕食はホテル メトロポーレ(Hotel Metropole)
 その307・・・サンタクロースとお供のシュムッツ
 その308・・・ミネラルウォーターは水道水?
 その309・・・旅行会社について情報交換会
 その310・・・ミートフォンデュはもう少し熱々の油で揚げたいところ
 その311・・・記念撮影はほどほどに
 その313・・・ホテル・メルクールは韓国人バックパッカー御用達ホテルか?
 その314・・・ここは過去に泊まったホテルの中で一番かも
 その315・・・スーツケースを広げるのは1個が限界



 ●4日目(平成18年12月7日 木曜日)スイスアルプス

 ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記

 その316・・・今日の朝食(クロワッサンは1人1つまで)
 その317・・・ホテルの部屋から観るユングフラウ
 その318・・・朝の散歩
 その319・・・インターラーケンヴェスト駅(インターラーケン西駅)
 その320・・・人け少ないインターラーケンベスト駅
 その321・・・インターラーケンヴェスト駅前
 その322・・・ホテル・メルクールの外観
 その323・・・ツアーバス乗車
 その324・・・ポストバス
 その325・・・午前8時出発
 その326・・・羊飼いペーターのオブジェ?
 その327・・・スイス空軍基地?
 その328・・・リュッチネ川沿いの道を上がっていく
 その329・・・ラウターブルンネン到着
 その330・・・ラウターブルンネン駅周辺の様子
 その331・・・WAB登山鉄道ラウターブルンネン駅
 その332・・・駅ホームから見るシュタウプバッハの滝
 その333・・・駅を出てシュタウプバッハの滝に近づく
 その334・・・ラックレール式の線路
 その335・・・列車到着待ち
 その336・・・Lauterbrunnen 標高796m
 その337・・・切符配布
 その338・・・登山電車がやって来た
 その339・・・リザーブされた車両に乗り込む
 その340・・・一足先に発車した登山列車を見送る
 その341・・・クライネシャイデックへ向け発車
 その342・・・車窓からラウターブルンネンの町並み
 その343・・・ヴェンゲン駅停車
 その344・・・ヴェンゲン駅構内の様子
 その345・・・ヴェンゲンの村
 その346・・・アルペンスキー・ワールドカップinヴェンゲン
 その347・・・シルトホルン展望台
 その348・・・ヴェンゲルンアルプ駅
 その349・・・クライネシャイディック駅
 その350・・・クライネシャイディック駅周辺の様子
 その351・・・クライネシャイデックは銀世界
 その352・・・ハイデルベルクよりもさらに条件悪そうなので辞退
 その353・・・グリンデルワルトから到着した登山電車
 その354・・・登山電車出発までプチフリータイム中
 その355・・・グリンデルワルドの町を見下ろす
 その356・・・ユングフラウ鉄道の電車へ
 その357・・・ヨーゼフとアルムおんじ
 その358・・・JB登山鉄道の電車発車
 その359・・・アイガーヴァント駅(EIGERWAND)
 その360・・・アイガーヴァント駅からの眺望
 その361・・・アイガーヴァント駅のトンネル
 その362・・・電車内モニターはエラー中
 その363・・・アイスメーア駅(Eismeer)
 その364・・・遭難者救助用の出入り口
 その365・・・ユングフラウヨッホ駅到着
 その366・・・イヤホンガイドを装着し電車を降りる
 その367・・・外の気温は-10.3℃
 その368・・・TOP OF EUROPEで相方の写真を撮る
 その369・・・スフィンクス展望台からの眺め
 その370・・・世界遺産アレッチ氷河
 その371・・・青空に映えるユングフラウ
 その372・・・エレーベーターで下に降りよう
 その373・・・モンブラン・エギュードゥミディの悪夢再び
 その374・・・ホットチョコレート
 その375・・・プラトー展望台
 その376・・・氷の宮殿は一部閉鎖中
 その377・・・相方、ほぼ復活
 その378・・・記念にユングフラウヨッホスタンプを押す
 その379・・・山カラス
 その380・・・日本の赤くて丸い郵便ポスト前に集合
 その381・・・下山開始
 その382・・・ツアー同行者にご近所さんが数人
 その383・・・アイガーグレッチャー駅
 その384・・・赤いラッセル車
 その385・・・ミューレンの村
 その386・・・アイガー氷河
 その387・・・クライネシャイデックから観るスフィンクス展望台
 その388・・・レストラン「Restaurant Bahnhof」でランチ
 その389・・・一品目はしょっぱいスープ
 その390・・・イケメンスカイダイバー
 その391・・・アルペンマカロニとガーリックトースト
 その392・・・空から振ってくるパラシュート部隊
 その393・・・イケメンがいっぱいで女子高生のボルテージは急上昇
 その394・・・レストランBahnhofはアイドルのコンサート会場の様
 その395・・・女子高生達は一足早くレストランをあとにした
 その396・・・スイス軍人となでしこ女子高生の写真撮影会
 その397・・・クライネシャイデックフリータイム
 その398・・・クライネシャイデック界隈
 その399・・・アイガーやインディアンテントやその他いろいろ
 その400・・・アイガーやメンヒやその他いろいろ
 その401・・・ロシティー
 その402・・・雪景色のクライネシャイデック
 その403・・・セントバーナード犬アスティ君
 その404・・・アイガー北壁など
 その405・・・グリンデルワルト行きWAB登山鉄道乗車&発車
 その406・・・車窓の風景
 その407・・・グリンデルワルドの町は一面銀世界ではないようだ
 その408・・・Brandegg駅(ブランデック駅)
 その409・・・車窓の景色はハイジの世界
 その410・・・何年経っても変わらぬ景色
 その411・・・グルント駅(Grund駅)
 その412・・・スイッチバックしてグリンデルワルトへ
 その413・・・終点グリンデルワルト駅
 その414・・・グリンデルワルト(GRINDELWALD)フリータイム
 その415・・・スーパーマーケット「COOP(コープ)」で買い物
 その416・・・グリンデルワルトの街角
 その417・・・グリンデルワルト日本語観光案内所
 その418・・・シーズンオフのため休業中の店ばかり
 その419・・・フリータイム終了
 その420・・・ジュネーブへ向け出発
 その421・・・危険がいっぱいジュネーブの街
 その422・・・トゥーン湖
 その423・・・車内に流れるヨーデルの調べ
 その424・・・遠くに見えたマッターホルン?
 その425・・・サービスエリアでトイレ休憩
 その426・・・とりあえずジュネーブ到着
 その427・・・国連ヨーロッパ本部
 その428・・・ジュネーブの街角
 その429・・・外は雨
 その430・・・ホテル ストラスブール・ユニバース到着
 その431・・・涙目添乗員
 その432・・・HOTEL STRASBOURG UNIVERS
 その433・・・相方とともに夕食会場へ
 その434・・・本日のディナー
 その435・・・このホテルの食事はおいしい



 ●5日目(平成18年12月8日 金曜日)スイスからフランス

 ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記

 その436・・・午前4時30分起床
 その437・・・皆さん気合いの入り具合が違うのはパリ効果?
 その438・・・ホテル出発
 その439・・・バスドライバーのローランドさんとの別れ
 その440・・・ジュネーブ・コルナヴァン駅
 その441・・・ジュネーブ駅フリータイム
 その442・・・ジュネーヴ・コルナヴァン駅前
 その443・・・パスポートコントロール通過
 その444・・・ジュネーヴ・コルナバン駅8番ホーム
 その445・・・フランスの高速鉄道TGV入線
 その446・・・TGVに乗り込み今日の朝食
 その447・・・パリに向け発車
 その448・・・パリフリータイムのスケジュール
 その449・・・乗り心地の悪いTGV
 その450・・・BOURG-EN-BRESSE駅に停車
 その451・・・風変わりな乗客
 その452・・・若い女の子限定声かけキャンペーン?
 その453・・・相方を連れ立ってTGV車内のお散歩
 その454・・・TGVのトイレ
 その455・・・黄色いTGV(ドクターイエロー?)
 その456・・・華の都パリ到着
 その457・・・ガール・ドゥ・リヨン駅(Gare de Lyon)
 その458・・・午前中の大嵐の名残
 その459・・・演歌の女王小林幸子
 その460・・・パリ市内地図がいっぱい
 その461・・・パリの街角
 その462・・・初めて観るセーヌ川
 その463・・・サンルイ島
 その464・・・シテ島にノートルダム大聖堂
 その465・・・ノートルダム寺院界隈
 その466・・・バラ窓
 その467・・・パリ警視庁
 その468・・・シテ島の街並み
 その469・・・ルーヴル美術館
 その470・・・カルーゼル橋
 その471・・・ロワイヤル橋
 その472・・・オルセー美術館、ピラミッド
 その473・・・ピラミッド広場ジャンヌ・ダルク像
 その474・・・オペラ・ガルニエ
 その475・・・オペラ座近くで下車
 その476・・・テーブルの上に見慣れぬ道具
 その477・・・ランチにエスカルゴ
 その478・・・Restaurant CAFE DES THEATRES
 その479・・・黄金のジャンヌ・ダルク
 その480・・・ルーブル美術館
 その481・・・観光客で賑わうルーヴル美術館
 その482・・・ガラスのピラミッド
 その483・・・サモトラケのニケ
 その484・・・サモトラケのニケに感動
 その485・・・ミロのヴィーナス
 その486・・・モナリザ
 その487・・・民衆を導く自由の女神・ナポレオン1世の戴冠式
 その488・・・「瀕死の奴隷」ミケランジェロ作
 その489・・・ルーブル美術館観光終了
 その490・・・三度ジャンヌ・ダルク像
 その491・・・サロン・ド・テ・アンジェリーナ本店
 その492・・・カスティリオーネ通り
 その493・・・ヴァンドーム広場
 その494・・・キャプシーヌ通り・キャプシーヌ大通り
 その495・・・パリ三越到着
 その496・・・パリ三越フリータイム30分間
 その497・・・マドレーヌ寺院
 その498・・・オペラ座
 その499・・・パリ三越のレジとトイレは大混雑
 その500・・・ツアーバス車内のトイレ
 その501・・・ナポレオンの記念塔
 その502・・・ホテル・ウエストミンスター、カルティエ本店
 その503・・・バンドーム広場 ホテル リッツ・パリ
 その504・・・夕暮れのコンコルド広場から見るエッフェル塔
 その505・・・イルミネーション輝くシャンゼリゼ通り
 その506・・・シャンゼリゼ大通りの先に凱旋門
 その507・・・凱旋門と新凱旋門
 その508・・・凱旋門車窓観光の後シャイヨー宮へ
 その509・・・ライトアップされたエッフェル塔(チカチカ点滅)
 その510・・・エッフェル塔のチカチカ点灯終了
 その511・・・トロカデロと11月11日広場
 その512・・・トロカデロ庭園
 その513・・・グルネル橋の自由の女神
 その514・・・ソフィテル・パリ・ポルト・ド・セーブルSofitel Paris Porte de Sevres
 その515・・・プルマン パリ リブ ゴーシュ PULLMAN PARIS RIVE GAUCHE
 その516・・・宿泊する部屋内部の写真
 その517・・・ホテル近くのスーパーマーケットへ買い出しに
 その518・・・スーパーマーケット「FRANPRIX」
 その519・・・野菜や果物はセルフ量り売り
 その520・・・新しく開通したトラムはガラガラ
 その521・・・地下鉄バラール駅(BALARD駅)でカルネ購入
 その522・・・ホテル周辺の様子
 その523・・・ホテルから見るエッフェル塔
 その524・・・今日の夕食


 6日目から8日目の表紙



| 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
■ TOP PAGE その2■
■ 2006年ドイツ・スイス・フランス3カ国周遊の旅 TOP PAGE ■

ドイツ・スイス・フランス3ヶ国周遊の旅

 ●6日目(平成18年12月9日 土曜日)フランス・パリ

 ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記

 その525・・・1階レストラン「ブラッスリー」まだ開店せず
 その526・・・赤券の朝食は22階です
 その527・・・今日の朝食バイキング
 その528・・・パリミュージアムパスに必要事項記入
 その529・・・フランス空軍省敷地内のミラージュ戦闘機
 その530・・・人通り少ない休日の朝
 その531・・・RER C線ブルヴァール・ヴィクトール駅
 その532・・・切符の買い方が判らない
 その533・・・駅員がいる窓口のある入り口発見
 その534・・・親切な駅員さん
 その535・・・ブルバールビクトール駅ホームでVICKビッケを待つ
 その536・・・RER 電車のドアの開け方
 その537・・・RER電車内の様子
 その538・・・RER列車内で稼ぐ大道芸人
 その539・・・紛らわしい駅名
 その540・・・ヴェルサイユ・リヴゴーシュ駅到着
 その541・・・ヴェルサイユ・リヴゴーシュ駅駅舎写真
 その542・・・徒歩でヴェルサイユ宮殿へ
 その543・・・パリ大通り、ヴェルサイユ宮殿正門
 その544・・・正面広場は工事中
 その545・・・何も判らずグループ入り口から入場
 その546・・・王室礼拝堂
 その547・・・王室オペラ劇場
 その548・・・白黒市松模様の廊下
 その549・・・宮殿から眺める庭園
 その550・・・ヘラクレスの間
 その551・・・豊穣の間、ヴィーナスの間
 その552・・・ディアナの間
 その553・・・マルスの間
 その554・・・メリクリウスの間
 その555・・・アポロンの間・戦争の間
 その556・・・鏡の間
 その557・・・王の寝室
 その558・・・国王の大執務室・平和の間
 その558・・・国王の大執務室・平和の間
 その559・・・王妃の寝室
 その560・・・貴人の間、大会食の間
 その561・・・衛兵の間、載冠の間
 その562・・・ヴェルサイユ宮殿のトイレでトイレ休憩
 その563・・・ヴェルサイユ宮殿北翼棟・南翼棟
 その564・・・アルム広場から観たヴェルサイユ宮殿
 その565・・・ヴェルサイユ・リヴゴーシュ駅で切符を買う
 その566・・・ヴェルサイユ・リヴゴーシュ駅ホームの様子
 その567・・・1階席、2階席、自動ドア開閉用のレバー
 その568・・・サンミッシェル ノートルダム駅
 その569・・・サン・ミッシェル橋を渡ってシテ島へ
 その570・・・サン・ミッシェル橋から見るセーヌ川の流れ
 その571・・・サントシャペル見学のための行列に並ぶ
 その572・・・入館前のセキュリティチェック
 その573・・・外から見るサントチャペル
 その574・・・サントシャペルに入ろう
 その575・・・2階礼拝堂のとても美しいステンドグラス
 その576・・・圧倒的なスケールのステンドガラス
 その577・・・サントシャペル1階礼拝堂
 その578・・・最高裁判所の正門
 その579・・・コンシェルジュリー Conciergerie
 その580・・・コンシュルジュリー内部の様子
 その581・・・コンシェルジェリーの中庭
 その582・・・王妃マリー・アントワネットの部屋
 その583・・・コンシェルジュリー見学終了
 その584・・・ルイ・レピーヌ広場植木市場
 その585・・・ノートルダム大聖堂
 その586・・・ノートルダム広場
 その587・・・ノートルダム寺院入場の列に並ぶ相方と私
 その588・・・ノートルダム大聖堂前の巨大なクリスマスツリー
 その589・・・ノートルダム大聖堂内部の写真
 その590・・・北のバラ窓
 その591・・・北の薔薇窓
 その592・・・SILENCE 沈黙
 その593・・・南のバラ窓
 その594・・・南の薔薇窓
 その595・・・聖歌隊席
 その596・・・西のバラ窓とパイプオルガン
 その597・・・外から見るノートルダム聖堂
 その598・・・セーヌ川を行き交う観光船
 その599・・・観光連絡船バトビュスの乗船券購入
 その600・・・バトビュス出航
 その601・・・バトビュスから見るノートルダム大聖堂
 その603・・・バトビュスから見るシテ島、サンルイ島
 その604・・・バトビュスから見るサン・ルイ島
 その605・・・Uターンする観光船バトビュス
 その606・・・シュリー橋、マリー橋
 その607・・・ルイ・フィリップ橋、サン・ルイ橋、アルコル橋
 その608・・・セーヌ川側から見るコンシェルジュリー
 その609・・・ポン・ヌフ橋
 その610・・・ポン・デザール橋
 その611・・・カルーゼル橋
 その612・・・バトビュス・ルーヴル美術館乗り場
 その613・・・ロワイヤル橋からソルフェリーノ橋
 その614・・・オルセ美術館
 その615・・・ソルフェリーノ橋からコンコルド橋
 その616・・・コンコルド橋からアレクサンドル3世橋
 その617・・・アレクサンドル3世橋とエッフェル塔
 その618・・・バトビュスのシャンゼリゼ乗り場
 その619・・・アレクサンドル3世橋
 その620・・・アンヴァリッド橋
 その621・・・パリ・アメリカン教会
 その622・・・エッフェル塔
 その623・・・イエナ橋、ビル・アケム橋
 その624・・・エッフェル塔 La tour Eiffel
 その625・・・バトビュス・エッフェル塔乗り場
 その626・・・バトビュスは折り返して今度は川上り
 その627・・・オルセー美術館乗り場にてBATOBUS下船
 その628・・・オルセー美術館周辺
 その629・・・ソルフェリーノ橋
 その630・・・ソルフェリーノ橋のストリートミュージシャン
 その631・・・チュイルリー公園
 その632・・・オランジュリー美術館へ
 その633・・・見知らぬ外人さんと連帯感芽生える相方
 その634・・・オランジェリー美術館モネの部屋
 その635・・・雨漏りするオランジェリー美術館
 その636・・・コンコルド広場
 その637・・・チュイルリー公園の噴水
 その638・・・移動観覧車はまだ設置されず
 その639・・・コンコルド広場で路線バスを待つ
 その640・・・地下鉄1号線コンコルド駅
 その641・・・ジョルジュサンク駅(GEORGE V)
 その642・・・シャンゼリゼ通り散策 老舗カフェ「フーケ」
 その643・・・Louis Vuitton ルイ・ヴィトンパリ・シャンゼリゼ本店
 その644・・・循環観光バスLES CARS ROUGESカールージュのチケット購入
 その645・・・カールージュの2階席から観る凱旋門
 その646・・・カールージュから見える景色
 その647・・・凱旋門バス停を発車する2階建て観光バスカールージュ
 その648・・・シャルル・ド・ゴール広場
 その649・・・街路樹にイルミネーション光り輝くシャンゼリゼ大通り
 その650・・・昼食抜きの空腹をおにぎりせんべいでしのぐ
 その651・・・シャンゼリゼ大通りのモノプリMonoprix(スーパー)
 その652・・・W.チャーチル通り
 その653・・・アレクサンドルIII世橋
 その654・・・夕焼け空にエッフェル塔
 その655・・・ダイアナさんの事故現場付近アルマ橋
 その656・・・エッフェル塔と自由の炎像
 その657・・・パリの街角
 その658・・・トロカデロ広場
 その659・・・トロカデロバス停到着
 その660・・・カー・ルージュを乗り換える
 その661・・・トロカデロ広場発進
 その662・・・トロカデロ庭園 Jardins du Trocadero
 その663・・・エッフェル塔バス停に停車
 その664・・・満席を超え立ち乗り客も出現する混み具合
 その665・・・カールージュ巡回コースをショートカット
 その666・・・すっかり日は暮れた
 その667・・・夜のノートルダム大聖堂
 その668・・・夜のシテ島
 その669・・・夜のコンコルド広場
 その670・・・コンコルド広場は大渋滞
 その671・・・人の顔を見て笑う失礼な田舎者親子
 その672・・・オペラ座バス停は停車せず
 その673・・・ヴァンドーム広場はお祭り騒ぎ
 その674・・・シャンゼリゼ大通りも大渋滞
 その675・・・シャンゼリゼ大通り通行もはしょられた
 その676・・・夜のシャンゼリゼ大通りを歩く
 その677・・・オー・シャンゼリゼを唄いながら歩く私たち
 その678・・・シャンゼリゼ大通りは歩行者がいっぱい
 その679・・・凱旋門到着
 その680・・・凱旋門のらせん階段を上る
 その681・・・凱旋門屋上展望台から見るパリの夜景
 その682・・・凱旋門屋上テラス
 その683・・・凱旋門直下
 その684・・・地下鉄に乗ってホテルに戻ろう
 その685・・・地下鉄コンコルド駅
 その686・・・ホテルに無事戻れた
 その687・・・今日の晩飯



 ●7日目(平成18年12月10日 日曜日)フランス・パリから帰国

 ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記

 その688・・・今日の朝飯
 その689・・・韓国人観光客の皆さん
 その690・・・バゲージダウン
 その691・・・パリの朝焼け
 その692・・・パリ自由行動最終日
 その693・・・地下鉄切符の自動販売機
 その694・・・ちょっとした隙間から見えるエッフェル塔
 その695・・・ブルバール・ビクトール駅 Boulevard Victor
 その696・・・ミュゼ・ドルセー駅 Gare du Musee d'Orsay
 その697・・・雨のオルセー美術館
 その698・・・オルセー美術館で有名絵画鑑賞
 その699・・・明るいオルセー美術館のセンターホール
 その700・・・オルセ美術館の大時計
 その701・・・バルビゾン派ジャン=フランソワ・ミレー
 その702・・・エドゥアール・マネやクロード・モネ
 その703・・・クロード・モネやアルフレッド・シスレー
 その704・・・クロード・モネの作品
 その705・・・アンリ・ラトゥールほか
 その706・・・「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」 ルノワール
 その707・・・「オーヴェールの教会」 ゴッホ
 その708・・・セザンヌ、ロートレック
 その709・・・オルセー美術館のバルコニー
 その710・・・「舞台の踊り子」 エドガー・ドガ
 その711・・・オーギュスト・ルノワール
 その712・・・ルノワール、ピサロ、シスレー
 その713・・・「タヒチの女達 Femmes de Tahiti」ポール・ゴーガン
 その714・・・渡り廊下
 その715・・・カミーユ・コロー
 その716・・・オルセー美術館観光終盤
 その717・・・彫刻コーナー
 その718・・・「Ours blanc 白熊」フランソワ・ポンポン
 その719・・・「地獄の門」オーギュスト・ロダン
 その720・・・パリのジオラマ
 その721・・・展望スペースから眺める大時計
 その722・・・カフェ・デ・オートゥールCAFE DES HAUTEURS
 その723・・・カフェ・デ・オートゥールでランチ
 その724・・・支払いのタイミングは?
 その725・・・カフェテリア「メザニン」
 その726・・・オルセー美術館観光終了
 その727・・・昨日の観光客とまた遭遇
 その728・・・パリの街角(オルセー美術館周辺)
 その729・・・RERオルセー美術館駅
 その730・・・抱き合う二人
 その731・・・RER車内の様子
 その732・・・RERの車窓から
 その733・・・自動改札機は気まぐれ
 その734・・・BOULEVARD VICTOR駅(ブルヴァール・ヴィクトール駅)周辺
 その735・・・セーヌ川に架かるガリリアーノ橋(Pont de Garigliano)
 その736・・・フランスの公共放送「フランステレビジョン」francetelevisions
 その737・・・グルネル橋脇に建つ自由の女神
 その738・・・トラム3号線
 その739・・・トラム乗車体験叶わず
 その740・・・トラムは試験運転中だった
 その741・・・ホテル帰還
 その742・・・預け荷物は行方不明
 その743・・・にわか両替商
 その744・・・ホテル出発
 その745・・・バスの車窓より
 その746・・・渋滞する高速道路環状線
 その747・・・INSTITUT DU JUDO
 その748・・・ベルシー地区
 その749・・・TGVがいっぱい
 その750・・・ホテル「イビス パリ ポルト ドゥ モントルイユ」着
 その751・・・蚤の市
 その752・・・ツアー本隊と合流
 その753・・・飛行機が見えた
 その754・・・シャルルドゴール空港到着
 その755・・・ここにも日本の修学旅行生
 その756・・・セキュリティーチェック
 その757・・・簡単な足し算も出来なかった
 その758・・・おしゃれな空港ターミナル
 その759・・・搭乗開始をじっと待つ
 その760・・・日本航空JL406便JAL B777-300ER JA733J
 その761・・・離陸の儀式
 その762・・・おつまみ小袋
 その763・・・機内食の写真


 ●8日目(平成18年12月11日 月曜日)

 その764・・・熟睡
 その765・・・飛行機内の朝食
 その766・・・飛行機から見るパノラマ
 その767・・・飛行機から眺める富士山
 その768・・・成田着
 その769・・・パイロット
 その770・・・おしまい



 1日目から5日目の表紙

| 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
■8日目(平成18年12月11日 月曜日)

成田空港

スーツケースをピックアップし、その場にいた添乗員Kさんにご挨拶。
8日間ありがとうございました。
そして、お世話になりました!
さようなら・・・。

何事もなく税関検査を抜け、
「運賃を10%引き」
をジュッパーセント引き
をジュッパーセント引き
ごジュッパーセント引き
50%引き
「運賃50%引き」
というような紛らわしい呼び込みに引っかかることなくスーツケースを宅配便にお任せして
身軽になる。

直近一番早く東京駅に向かう列車の切符を購入した後、地下の空港第2ビル駅に移動。
ホームで電車を待っていると、ツアー同行女子高生と彼女たちの専属添乗員氏もやって来た。
「どうもどうも、お疲れ様」的な挨拶をお互いに交わす。
やって来た成田エクスプレス“N'EX”に乗車。
ツアー同行女子高生たちも同じ列車だ。(彼女たちの席は隣の車両)
そして列車は東京駅ホームに滑り込む。
相方とともに東京駅到着直前にデッキへ移動し電車が停止するのを待っていると、
ツアー同行女子高生たちの専属添乗員氏もやって来て開口一番、
「いや〜疲れたーーーー!!」
と実感がかなりこもった一言。
「お疲れ様でした。大変だったでしょう?」
と労いの言葉をかける。
するとそれに対し、
「大変だったぁ〜! もー嫌。もー嫌。2度とご免っ!!!!」

私たちとしては、彼女たちのお陰で楽しい思い出が出来た部分も多々あったが
今後、専属添乗員氏があの学校の修学旅行を担当することはもうなさそう・・・。(苦笑)


旅の締めはやはりこれ
チャーハン、ラーメン、みそラーメン、ギョウザ
チャーハンラーメン



味噌ラーメン



餃子ギョウザギョーザ


これにて、ドイツ・スイス・フランス旅日記は終了。
長い長い道のりだった。



オルセー美術館売店で購入したパリの街を描いた水彩画集
ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記

ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記

ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記


今回の旅は、
さすがあちこち巡る旅だけあって盛りだくさんのスケジュールだった。
が、同じように盛りだくさんのスケジュールだったアメリカ・カナダツアーほどの
疲労感はなかったと思う。(アメリカ・カナダツアーはかなりハードだった)

行ってみたいと思っていたドイツロマンチック街道界隈は
想像していたモノと比べると拍子抜けで、
当初予定していた「ドイツ1ヶ国・クリスマスマーケット巡りの旅」
に行かなくて良かった良かった。
もう一度ドイツに行ってみたいという気持ちは全くなし。
(現地滞在時間、季節によってはその感想も違ってくるのかも)

リヒテンシュタイン、
行っても行かなくてもいいんんじゃない。

人によっては作り物の風景な部分が多いといわれるスイスは
それがいいんです。
それがアニメ「ハイジ」の風景なのだから。(笑)

パリ。
宝くじが当たったらもう一度行こう。

誰に対してというわけではないが、
大きなトラブルに巻き込まれることなく旅を終えられたことに感謝。





<< 前のページ|-----|
[ 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 TOP Pageに戻る ]




ドイツ・ハイデルベルク


ドイツ・ローテンブルク


ドイツ・ミュンヘン


スイス・グリンデルワルト


フランス・パリ


早春とっておき! 添乗員がご案内する
遥かなるラインの岸辺
ロマンチック街道とスイスアルプス+パリ8日間
Bグレードホテル


超長編旅行記超長い旅行記ドイツ・ロマンチック街道とスイスアルプス・パリ8日間空席案内ツアー検索予約状況一番長い週間天気予報感想ロマンティック街道感想ドイツ旅日記パリ旅行記スイス旅日記ドイツ旅行記スイス旅行記ヨーロッパ周遊の旅3カ国周遊パックツアー初心者コース一生に一度これ1回海外旅行記ヨーロッパ周遊旅行youtube無料動画試聴ウィキペディアWikipedia2ちゃんねる掲示板ブログ記事まとめサイトユーチューブ写真集ダウンロード壁紙行き方説明フランス観光局地図アクセスマップ最寄り駅地下鉄電車バスタクシー料金いくらぐらいかかる?駅名乗り方切符の買い方

| 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 | この記事URL | comments(3) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
ドイツ・スイス・フランス旅日記769:ヨーロッパ路線はパイロット3名乗務?
■8日目(平成18年12月11日 月曜日)

成田空港


相方とともに飛行機を降りると、
どうせスーツケースはすぐ出てきやしないだろうということで
とりあえず近くのトイレに立ち寄る。
トイレはそこそこ混雑中・・・。

トイレから出てきたところで
ついさっきまで長時間乗っていた日本航空JL406便(JAL B777-300ER JA733J)を
記念に撮す。
ドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記


この時その場には、
JL406便に乗ってきた乗客の姿は既に移動してしまってほとんど見えない。
とそこへ、
飛行機(もちろんJL406便)から降りてきたダブルのスーツを着込んだ男性2名がやって来た。
それぞれ手には黒いアタッシュケースを持ち、
スーツの袖には金の4本線。

「あの人たち、機長じゃない?」
「うん、機長じゃない!?」
と、羨望のまなざしで近づいてくる2人を見つめる(というか、ガン見)相方と私。
無遠慮にガン見するこちらに笑顔で軽く会釈してくださったので、
我に返った私たちからも軽く挨拶。
普段着だとどこにでもいるようなおっちゃんたちなのかも知れないが(失礼!)
制服姿だと格好いい!
その制服、お二人とも袖に金の4本ラインが入っている。
二人とも4本ラインということは、ダブル機長乗務とか
どちらかお一人が、テレビドラマ「GOOD LUCK!!」に登場した監査フライトの堤真一みたいな役目?

ゴールド4本線二人組から遅れること10m。
あとからゴールド3本線の制服を着た男性も登場。
こちらの男性は副操縦士であることは確実。
前を歩くお二人との距離が、4本線と3本線の微妙な距離感を表しているようで
面白かった。
(ただ単に、副操縦士は携帯電話を確認しながら歩いていたので、それで前の二人と距離を置きたかっただけなのかも)


動く歩道にJL406便の操縦士そろい踏みの図
パイロット操縦士4本ラインドイツ・スイス・フランス旅日記ドイツ・スイス・フランス旅行記キャプテンコパイコーパイ
手前に一人立っているのが金の3本線パイロットで、
その先を行く2名が金の4本線パイロット




<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 TOP Pageに戻る ]




ドイツ・ハイデルベルク


ドイツ・ローテンブルク


ドイツ・ミュンヘン


スイス・グリンデルワルト


フランス・パリ


早春とっておき! 添乗員がご案内する
遥かなるラインの岸辺
ロマンチック街道とスイスアルプス+パリ8日間
Bグレードホテル


超長編旅行記超長い旅行記ドイツ・ロマンチック街道とスイスアルプス・パリ8日間空席案内ツアー検索予約状況一番長い週間天気予報感想ロマンティック街道感想ドイツ旅日記パリ旅行記スイス旅日記ドイツ旅行記スイス旅行記ヨーロッパ周遊の旅3カ国周遊パックツアー初心者コース一生に一度これ1回海外旅行記ヨーロッパ周遊旅行youtube無料動画試聴ウィキペディアWikipedia2ちゃんねる掲示板ブログ記事まとめサイトユーチューブ写真集ダウンロード壁紙行き方説明フランス観光局地図アクセスマップ最寄り駅地下鉄電車バスタクシー料金いくらぐらいかかる?駅名乗り方切符の買い方
| 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
ドイツ・スイス・フランス旅日記768:成田到着
■8日目(平成18年12月11日 月曜日)


フランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港から成田空港へ
日本航空JL406便
JAL B777-300ER JA733J


着陸態勢に入り高度を下げていく日本航空JL406便。
そして、午前5時42分、日本時間だと午後1時42分、
A滑走路34Lに無事着陸。

第2ターミナルに向かって地上走行している機内にて、
私たちの後ろに座っているツアー同行女子高生の会話が聞こえてきた。
「外国の空港と成田って雰囲気違うよね〜」
「そうだね。何か違うよね〜」
「何か違うのかなぁ?」
「う〜ん・・・・・・」
「あっ、成田は緑が多いんだぁーーー!」
「そうか!そうだね〜。成田空港には芝生みたいのいっぱいあるもんね〜」
なるほど、
そう言われてみればそうだ。
実は、これらの草地を取っ払えば最近話題のバードストライクも幾らか減るのだったりして?


午後1時51分、第2旅客ターミナル本館の65番スポットに到着
ドイツ・スイス・フランス旅日記成田国際空港第2ターミナルビル




<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 TOP Pageに戻る ]




ドイツ・ハイデルベルク


ドイツ・ローテンブルク


ドイツ・ミュンヘン


スイス・グリンデルワルト


フランス・パリ


早春とっておき! 添乗員がご案内する
遥かなるラインの岸辺
ロマンチック街道とスイスアルプス+パリ8日間
Bグレードホテル


超長編旅行記超長い旅行記ドイツ・ロマンチック街道とスイスアルプス・パリ8日間空席案内ツアー検索予約状況一番長い週間天気予報感想ロマンティック街道感想ドイツ旅日記パリ旅行記スイス旅日記ドイツ旅行記スイス旅行記ヨーロッパ周遊の旅3カ国周遊パックツアー初心者コース一生に一度これ1回海外旅行記ヨーロッパ周遊旅行youtube無料動画試聴ウィキペディアWikipedia2ちゃんねる掲示板ブログ記事まとめサイトユーチューブ写真集ダウンロード壁紙行き方説明フランス観光局地図アクセスマップ最寄り駅地下鉄電車バスタクシー料金いくらぐらいかかる?駅名乗り方切符の買い方

| 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
ドイツ・スイス・フランス旅日記767:飛行機から見る富士山
■8日目(平成18年12月11日 月曜日)


フランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港から成田空港へ
日本航空JL406便
JAL B777-300ER JA733J


富士山に夢中
ドイツ・スイス・フランス旅日記空から観る富士山


かなり長い時間、富士山見えっぱなし
ドイツ・スイス・フランス旅日記空から観る富士山


ドイツ・スイス・フランス旅日記空から観る富士山


霞ヶ浦と富士山
ドイツ・スイス・フランス旅日記空から観る富士山


上の写真の部分拡大
ドイツ・スイス・フランス旅日記空から観る富士山民間共用空港百里飛行場ムダ無駄
霞ヶ浦の手前に航空自衛隊百里基地(官民共用となって2010年3月の開港予定の茨城空港)の滑走路が見えた。



<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 TOP Pageに戻る ]




ドイツ・ハイデルベルク


ドイツ・ローテンブルク


ドイツ・ミュンヘン


スイス・グリンデルワルト


フランス・パリ


早春とっておき! 添乗員がご案内する
遥かなるラインの岸辺
ロマンチック街道とスイスアルプス+パリ8日間
Bグレードホテル


超長編旅行記超長い旅行記ドイツ・ロマンチック街道とスイスアルプス・パリ8日間空席案内ツアー検索予約状況一番長い週間天気予報感想ロマンティック街道感想ドイツ旅日記パリ旅行記スイス旅日記ドイツ旅行記スイス旅行記ヨーロッパ周遊の旅3カ国周遊パックツアー初心者コース一生に一度これ1回海外旅行記ヨーロッパ周遊旅行youtube無料動画試聴ウィキペディアWikipedia2ちゃんねる掲示板ブログ記事まとめサイトユーチューブ写真集ダウンロード壁紙行き方説明フランス観光局地図アクセスマップ最寄り駅地下鉄電車バスタクシー料金いくらぐらいかかる?駅名乗り方切符の買い方
| 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
ドイツ・スイス・フランス旅日記766:日本領空
■8日目(平成18年12月11日 月曜日)


フランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港から成田空港へ
日本航空JL406便
JAL B777-300ER JA733J


朝食が済んだ頃になると
トイレ前はお約束のごとく用足し順待ちの列ができはじめる。
ドイツ・スイス・フランス旅日記


午前5時3分、進行方向右下に佐渡島が見えた。
ドイツ・スイス・フランス旅日記
地図帳で見る佐渡島と同じ形に感動。(笑)


午前5時7分、相方と私の乗る日本航空JL406便は新潟上空から日本列島上空へ進入。
信濃川放水路洪水ドイツ・スイス・フランス旅日記
見えている川は、おそらく新潟市を流れる新川

もう旅も終わりなのね・・・・。
しんみり。
と、しんみりしたのも束の間。
その直後、遠くに富士山のシルエットが浮かんでいるのが見えて
再び気分は高揚。

ドイツ・スイス・フランス旅日記空から観る富士山
飛行機から見る富士山

さすが日本一の富士山は、新潟上空からも見えてしまう。


<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 TOP Pageに戻る ]




ドイツ・ハイデルベルク


ドイツ・ローテンブルク


ドイツ・ミュンヘン


スイス・グリンデルワルト


フランス・パリ


早春とっておき! 添乗員がご案内する
遥かなるラインの岸辺
ロマンチック街道とスイスアルプス+パリ8日間
Bグレードホテル


超長編旅行記超長い旅行記ドイツ・ロマンチック街道とスイスアルプス・パリ8日間空席案内ツアー検索予約状況一番長い週間天気予報感想ロマンティック街道感想ドイツ旅日記パリ旅行記スイス旅日記ドイツ旅行記スイス旅行記ヨーロッパ周遊の旅3カ国周遊パックツアー初心者コース一生に一度これ1回海外旅行記ヨーロッパ周遊旅行youtube無料動画試聴ウィキペディアWikipedia2ちゃんねる掲示板ブログ記事まとめサイトユーチューブ写真集ダウンロード壁紙行き方説明フランス観光局地図アクセスマップ最寄り駅地下鉄電車バスタクシー料金いくらぐらいかかる?駅名乗り方切符の買い方

| 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
ドイツ・スイス・フランス旅日記765:飛行機内で食べる朝食
■8日目(平成18年12月11日 月曜日)


フランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港から成田空港へ
日本航空JL406便
JAL B777-300ER JA733J


午前4時、朝食
ドイツ・スイス・フランス旅日記機内食の写真

プレーンオムレツ
ポテト
パンチェッタハム
フルーツサラダ
ヨーグルト
ロールパン
バター

この朝食で出たフランス製ヨーグルトが「旨い旨い!」と
ピカピカ容器状態となるまで食べ尽くす相方。
なんなら、私の分のヨーグルトの “カップ” もいかが?(笑)


朝食タイム中に見えた地上の風景
ドイツ・スイス・フランス旅日記機内食の写真
ロシアの山脈の間を流れる川は白く凍っている?



午前4時15分、相方と私の乗る日本航空JL406便は
ロシアの大地に別れを告げ、日本海上空に出た。
ドイツ・スイス・フランス旅日記機内食の写真

私たちの前に座っている女子高生、
機内販売のブランド品を買っている、いや、買いあさっている。
こんな調子だと、パリでもあれこれ買ってきたという感じか?
そして、「修学旅行に持って行くお小遣いは5千円まで」
なんていう制限も無い自由な校風の学校のようだ。
というか、彼女はカードで支払っていたので、
修学旅行に持って行く現金の制限などあったとしても関係なしだ。





<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 TOP Pageに戻る ]




ドイツ・ハイデルベルク


ドイツ・ローテンブルク


ドイツ・ミュンヘン


スイス・グリンデルワルト


フランス・パリ


早春とっておき! 添乗員がご案内する
遥かなるラインの岸辺
ロマンチック街道とスイスアルプス+パリ8日間
Bグレードホテル


超長編旅行記超長い旅行記ドイツ・ロマンチック街道とスイスアルプス・パリ8日間空席案内ツアー検索予約状況一番長い週間天気予報感想ロマンティック街道感想ドイツ旅日記パリ旅行記スイス旅日記ドイツ旅行記スイス旅行記ヨーロッパ周遊の旅3カ国周遊パックツアー初心者コース一生に一度これ1回海外旅行記ヨーロッパ周遊旅行youtube無料動画試聴ウィキペディアWikipedia2ちゃんねる掲示板ブログ記事まとめサイトユーチューブ写真集ダウンロード壁紙行き方説明フランス観光局地図アクセスマップ最寄り駅地下鉄電車バスタクシー料金いくらぐらいかかる?駅名乗り方切符の買い方

| 2006年ドイツ・スイス・フランス旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP