LATEST ENTRIES
旅の情報
地歩工房は「地球の歩き方」直営のこだわりの旅行用品専門店
機内持ち込みサイズから大きなサイズまでスーツケース・キャリーバッグ、バックパック、旅行用電気製品など各種旅行用品旅行グッズがなんでも揃うお店。クチコミ情報掲示板は旅行へ行く前の情報収集に便利です。

AB-ROAD.net
(株)リクルートが運営する日本最大級のツアー・航空券・海外旅行情報総合サイト

【JTB】旅館・ホテル予約
大手旅行代理店JTBの日本国内宿泊予約サイト。ポータルサイト最大手とも提携している人気コンテンツ

【JTBの海外ツアー】全世界5万コース以上!
大手旅行代理店JTBの海外ツアー情報総合サイト

安い!全国発着!品揃え豊富な格安航空券サイト「空の旅.COM」 各種格安航空券の販売サイト

世界のおみやげ屋さん
JTBグループのJTB商事による海外のお土産品、国内のお土産品お買い物サイト。買い忘れた土産があったり、重い思いをして土産を持ち帰るのは面倒というときに便利です。

日産レンタカー
ビジネスにレジャーに。日産レンタカーはWeb予約サービス実施中

都市別のツアー情報
■アジア
韓国・ソウル
香港ホンコン
中国・北京
中国・上海
台湾・台北
シンガポール
タイ・バンコク
ベトナム・ハノイ

■ビーチ
プーケット島
サムイ島
ランカウイ島
ペナン島
バリ島
ビンタン島
セブ島
モルディブ
ニューカレドニア
フィジー
タヒチ
グアム
サイパン
パラオ

■ハワイ
ホノルル(オアフ島)
マウイ島
ハワイ島

■ヨーロッパ
イギリス・ロンドン
イギリス・コッツウォルズ
イギリス・湖水地方
フランス・パリ
フランス・ニース
モンサンミッシェル
モナコ公国
イタリア・フィレンツェ
イタリア・ミラノ
イタリア・ローマ
イタリア・アルベロベッロ
イタリア・ベネチア
スペイン・バルセロナ
スペイン・マドリード
スペイン・トレド
スペイン・セビーリャ
スペイン・コルドバ
スペイン・グラナダ
ドイツ・ミュンヘン
ドイツ・ローテンブルク
ドイツ・ライン河
オランダ・アムステルダム
ベルギー・アントワープ
スイス・ツェルマット
スイス・グリンデルワルト
スイス・ジュネーブ
オーストリア・ウィーン
オーストリア・ザルツブルク
チェコ・プラハ
ハンガリー・ブダペスト
トルコ・イスタンブール

■北欧
フィンランド・ヘルシンキ
ノルウェー・オスロ
スウェーデン・ストックホルム

■北米
アメリカ・ニューヨーク
ロサンゼルス
ラスベガス
サンフランシスコ
オーランド
ディズニーワールド(フロリダ)
グランドキャニオン
ヨセミテ国立公園
カナダ・バンクーバー
カナダ・イエローナイフ
カナディアンロッキー
ナイアガラフォールズ
レイクルイーズ
バンフ
ウィスラー

■オセアニア
オーストラリア・シドニー
ケアンズ
ゴールドコースト
ニュージーランド・オークランド
クライストチャーチ

■中近東・アフリカ
エジプト・カイロ
ケニア・ナイロビ
南アフリカ・ケープタウン

■アラブリゾート
ドバイ

■中南米
ペルー・リマ
ペルー・マチュピチュ
メキシコ・カンクン
メキシコシティ


デジタルカメラ情報
カメラのキタムラ インターネット店
全国ネットカメラ専門チェーンのインターネット店。デジタルカメラやデジタルカメラ用品などの通販通信販売


-----------------------
■阪急交通社

旅行情報メルマガ登録で旅行プレゼントが当たるキャンペーン中。メールアドレスと都道府県を入れるだけの簡単登録。(登録無料)

お目当ての商品検索

RECENT COMMENTS
  • グエル公園のグエルはエウセビオ・グエルのグエル スペイン旅日記440:スペイン旅行記
    北村 泰祐  (03/30)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    curry rice (03/23)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    たにし (03/21)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記770:FIN
    にゃーす (03/19)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記747:車窓の風景
    curry rice (01/19)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記747:車窓の風景
    たにし (01/18)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記506:仰ってることは、少年の心を持ってる系という感じ
    curry rice (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記506:仰ってることは、少年の心を持ってる系という感じ
    たにし (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記505:シャンゼリゼ通り
    たにし (01/26)
  • ドイツ・スイス・フランス旅日記456:ガール・ドゥ・リヨン駅(Gare de Lyon)
    curry rice (12/16)
CATEGORIES
ARCHIVES
BlogPeople
..... 私をBlogPeopleに登録
PROFILE
管理人へのメール送信フォーム
Powered by NINJA TOOLS
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
旅先写真館


街角スナップ写真


ブログランキング・にほんブログ村へ


 
 
A traveler's diary
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | この記事URL | - | - | ↑ PAGE TOP
・・■■スペイン旅行記 表紙■■・・
スペイン旅日記・スペイン旅行記 TOP Page
出発1ヶ月を切ってる段階で急に決まったスペインの旅。
何かしらの出来事に勢いづけられて
予想外・予定外の旅に出るのはこれで2度目だったりする。

■プロローグ
 こだわりのスペイン8日間旅行会社のパンフレットカタログこだわりのスペイン8日間旅行代理店旅行社

 その1・・・・旅に出る想像をする分にはタダ
 その2・・・・空想から現実へ
 その3・・・・電話で参加申し込み
 その4・・・・旅のためにデジカメ購入
 その5・・・・参加申込書・最終日程表と次々届く
 その6・・・・インターネットであれこれチェック
 その7・・・・担当添乗員から自宅に電話あり


■マイナス1日目(平成17年11月30日 水曜日)
 自宅から成田空港に近いホテル日航ウインズ成田へ
 ホテル日航ウインズ成田から見えた成田空港写真

 その8・・・・自宅を出発。新幹線で品川へ
 その9・・・・品川駅改札内のエキナカ商業空間「ecute品川」
 その10・・・・「快速エアポート成田」で駅弁ランチ
 その11・・・・成田空港第2ターミナルへ向け走る快速エアポート成田
 その12・・・・成田空港第2旅客ターミナルビル
 その13・・・・成田空港第2旅客ターミナルビル展望デッキ見学
 その14・・・・成田空港2タミで外貨に両替(円→ユーロ)
 その15・・・・ホテルの無料送迎バス乗り場
 その16・・・・前泊はホテル日航ウインズ成田
 その17・・・・ホテル日航ウインズ成田から見た成田空港
 その18・・・・夕食はカレーに決まってる
 その19・・・・ホテルにはクリスマスの飾り付けあり
 その20・・・・有料ネットサーフィンコーナー
 その21・・・・ホテルから見た成田空港の夜景


■1日目(平成17年12月1日 木曜日)
 成田空港からスカンジナビア航空機に乗りデンマークコペンハーゲンへ。
 そこからスパンエアの飛行機に乗り換え、目指すはスペイン・マドリード

 成田空港成田国際空港出発案内ボード出発ボード出発インフォメーションボード大型電光掲示板

 その22・・・・朝ご飯はホテルのバイキング
 その23・・・・ホテルから見た朝の成田空港
 その24・・・・無料シャトルバスで成田空港へ
 その25・・・・成田空港第2ターミナル
 その26・・・・今日も成田空港第2ターミナル展望デッキへ
 その27・・・・おばさん軍団6人組登場
 その28・・・・こんな集団とこれからしばらく一緒の時を過ごすのね
 その29・・・・受付開始(担当添乗員の第一印象はイマイチ)
 その30・・・・SASスカンジナビア航空のカウンターでチェックイン
 その31・・・・一同再集合
 その32・・・・セキュリティーチェック・出国審査
 その33・・・・シャトルに乗って第2ターミナルサテライトへ
 その34・・・・2タミ・サテライト
 その35・・・・SASスカンジナビア航空SK984便エアバスA340-313X OY-KBI
 その36・・・・搭乗開始
 その37・・・・SK984便機内から見た成田空港
 その38・・・・SK984便座席周り。パーソナルモニター付きだ
 その39・・・・ボーディングコンプリート
 その40・・・・いよいよ旅立ち。離陸
 その41・・・・日本列島上空1万メートル
 その42・・・・最初の機内サービス(ドリンクサービス)
 その43・・・・北海道・新千歳空港の真上(正真正銘真上)を通過
 その44・・・・留萌付近上空で日本海へ
 その45・・・・選べない機内食
 その46・・・・ロシア上空へ進入するSK984便
 その47・・・・食事後のトイレは混雑中
 その48・・・・パーソナル液晶画面があってもオンデマンドではない
 その49・・・・機内消灯
 その50・・・・飛行機から見た夕景
 その51・・・・所々空席のあるSK984便エコノミー席はパックツアー団体だらけ
 その52・・・・後部ギャレー見学
 その53・・・・シベリアの大地
 その54・・・・間食。ギャレーからサンドイッチをもらってくる
 その55・・・・キャンデー・チョコレート配布
 その56・・・・SK984便は夕日と追い駆けっこ中
 その57・・・・希望者にサンドイッチやおにぎり、ドリンクの配布
 その58・・・・北欧フィンランド上空
 その59・・・・機内のライト点灯
 その60・・・・2度目の機内食サービス(軽食サービス)
 その61・・・・バルト海上空。着陸のための降下開始
 その62・・・・デンマーク・コペンハーゲン空港(CPH)到着
 その63・・・・SK984便を降り全員集合
 その64・・・・勝手に消えた自己チューおばさん
 その65・・・・乗り継ぎ便の席取りゲーム(くじ引き)
 その66・・・・SAS機内誌「Scanorama」の表紙はレニー・ゼルウィガー
 その67・・・・コペンハーゲン空港ターミナルでサンタクロース発見
 その68・・・・コペンハーゲン空港ターミナルで一旦解散
 その69・・・・スパンエアJK026便エアバスA320(EC-IOH)
 その70・・・・スパンエアJK026便に搭乗開始
 その71・・・・ほぼ満席のスパンエアJK026便
 その72・・・・スペイン・マドリードバラハス空港(MAD)へ向け離陸
 その73・・・・外は真っ暗
 その74・・・・有料機内サービス開始
 その75・・・・スペイン・マドリードバラハス空港(MAD)に到着
 その76・・・・正真正銘スペイン旅行記の始まり
 その77・・・・沖停めスポットからターミナルへバス移動
 その78・・・・ターンテーブルからのスーツケース回収もポーター任せ
 その79・・・・バスに乗り空港からホテルへ
 その80・・・・髪の長い熊本出身男性日本人ガイドAさん
 その81・・・・クリスマスイルミネーション輝くマドリッドの街
 その82・・・・ホテルに入るにもガードマンが必要な危険な街
 その83・・・・宿泊先はホテル ウエリントン
 その84・・・・部屋割りは添乗員の裁量か
 その85・・・・ウエリントンホテル室内の様子
 その86・・・・部屋から見える景色


■2日目(平成17年12月2日 金曜日)
 マドリードから世界文化遺産トレド旧市街へ。
 その後、ラマンチャ地方コンスエグラでランチ&風車見学。
 マドリード市内観光と夕食

 世界文化遺産世界遺産トレド旧市街トレドの町並み街並み
 (世界遺産トレド旧市街)

 その87・・・・モーニングコールより早い起床
 その88・・・・マドリード・ホテルウエリントン内部
 その89・・・・ホテルウエリントンの朝食
 その90・・・・ホテルウエリントン フロント周りの様子
 その91・・・・今日の観光出発準備
 その92・・・・雨のマドリッド
 その93・・・・12月6日は祭日なのでロエベは休み
 その94・・・・マドリッド・コロン広場
 その95・・・・シベーレス広場・シベーレスの噴水
 その96・・・・道路は渋滞中
 その97・・・・高速道路を走るツアーバス
 その98・・・・土産物屋でトイレ休憩
 その99・・・・風雨強まる中トレド到着
 その100・・・・世界遺産トレド旧市街を歩くツアー一行
 その101・・・・世界文化遺産トレド旧市街
 その102・・・・石畳の街トレド
 その103・・・・トレド・カテドラル到着
 その104・・・・トレド・カテドラル内は写真撮影禁止
 その105・・・・スペインのカソリック総本山(キリスト教首座大司教座)
 その106・・・・エル・グレコ,ゴヤ,ヴァン・ダイク,ベラスケス,ルーベンスらの作品
 その107・・・・大きな御神輿「聖体顕示台」
 その108・・・・トメさんの祭壇
 その109・・・・トレド・カテドラルの外観
 その110・・・・旧市街を歩いて次の見所へ
 その111・・・・負傷、血が出た
 その112・・・・サント・トメ教会 エル・グレコの最高傑作「オルガス伯の埋葬」
 その113・・・・「オルガス伯の埋葬」より止血が大事
 その114・・・・坂を下って次の見所へ
 その115・・・・タホ川に架かるサンマルティン橋
 その116・・・・サンマルティン橋ハプスブルグ家の紋章
 その117・・・・デジカメ壊れる
 その118・・・・象嵌細工の店
 その119・・・・スペインの自販機はおつりをあげるつもりで
 その120・・・・買うつもりの無い者は時間持て余し気味
 その121・・・・スペインのノラ猫
 その122・・・・トレド旧市街の展望ポイントへ
 その123・・・・高台から見た世界遺産トレド旧市街
 その124・・・・天候が回復したのは普段の心がけがいいから?
 その125・・・・タホ川沿いに下るツアーバス
 その126・・・・高速鉄道AVEのトレド駅
 その127・・・・女優さんと売れっ子作家の話
 その128・・・・ぶどうの木は思いっきり刈り込むのがスペイン流
 その129・・・・風車の街、ラマンチャ地方・コンスエグラ
 その130・・・・ラマンチャ地方・コンスエグラの町でランチ(ドン・キホーテメニュー)
 その131・・・・シンプルな郷土料理は可もなく不可もなく
 その132・・・・再び雨強し
 その133・・・・風車の丘を登るツアーバス
 その134・・・・淋しげな風車の丘
 その135・・・・強風吹き荒れる風車の丘
 その136・・・・モデル相方
 その137・・・・コウノトリの巣
 その138・・・・スペイン名物大きな黒い牛の看板
 その139・・・・雨上がり新旧風車対決
 その140・・・・高速道路走行中に見えた風景あれこれ
 その141・・・・再び雨
 その142・・・・マドリード市街地は雨模様
 その143・・・・シベーレスの噴水
 その144・・・・風雨激しいマドリッド・スペイン広場
 その145・・・・風雨の激しさからかスペイン広場観光はあっという間に終了
 その146・・・・スペイン王宮は見たのか?
 その147・・・・マヨール広場
 その148・・・・プエルタ・デル・ソル、カルロス3世騎馬像
 その149・・・・ネプトゥーノの噴水
 その150・・・・マドリードのギフトショップTIMYRティミール
 その151・・・・ショッピングコミッションにちょっとだけ貢献
 その152・・・・レティーロ公園
 その153・・・・アトーチャ駅とエンペラドール・カルロス5世広場
 その154・・・・国立ソフィア王妃芸術センターでゲルニカ鑑賞
 その155・・・・国立ソフィア王妃芸術センター
 その156・・・・アトーチャ通り、レストラン「MUSEO DEL JAMON」ムセオ・デル・ハモン
 その157・・・・生ハムだらけの店内
 その158・・・・本日の夕食。飲み物はサングリアとワイン
 その159・・・・ソースかマヨネーズが欲しい
 その160・・・・イルミネーション輝くアトーチャ通り
 その161・・・・イルミネーションに日本語で「平和」
 その162・・・・添乗員の怪しい言動



■3日目(平成17年12月3日 土曜日)
 プラド美術館で絵画鑑賞の後、高速鉄道AVEアベに乗りコルドバへ。
 ランチ、メスキータ観光等をこなし、長距離バス移動でセビリアに向かう。

 マドリッドプラド美術館Museo del Pradoゴヤ「裸のマハ」
 (プラド美術館所蔵 ゴヤ「裸のマハ」)

 その163・・・・午前6時起床
 その164・・・・ホテル「ウエリントン」で朝食
 その165・・・・ホテル「ウエリントン」の部屋から見えた風景
 その166・・・・スペイン・ロイヤルファミリーの肖像
 その167・・・・ホテル「ウエリントン」周辺の景色
 その168・・・・ホテル「ウエリントン」1階ロビー
 その169・・・・この日の観光スタート
 その170・・・・マドリード市内の風景
 その171・・・・マドリード中央郵便局やネプトゥーノの噴水
 その172・・・・プラド美術館開館前から並ぶツアー客たち
 その173・・・・最高級ホテル「リッツ」
 その174・・・・午前9時、プラド美術館開館時刻となりました
 その175・・・・プラド美術館入場
 その176・・・・世界三大美術館
 その177・・・・ベラスケス「ラス・メニーナス」(官女たち)
 その178・・・・ベラスケス「ブレダ開城」、ムリーリョの「無原罪の御宿り」?
 その179・・・・ムリーリョ「貝殻の子供たち」、ゴヤ「着衣のマハ」・「裸のマハ」
 その180・・・・ゴヤ「カルロス4世の家族」、エル・グレコ「聖三位一体」
 その181・・・・アンジェリコ「受胎告知」
 その182・・・・プラド美術館ゴヤ門、ゴヤ像
 その183・・・・プラド美術館周辺散策
 その184・・・・オープントップの2階建て観光バスはあちこちで見かけた
 その185・・・・長髪日本人ガイドAさんのつぶやき
 その186・・・・添乗員のすっとぼけた発言
 その187・・・・アトーチャ駅
 その188・・・・アトーチャ駅のプチジャングル
 その189・・・・アトーチャ駅構内の様子
 その190・・・・空港と同様のセキュリティチェックあり
 その191・・・・スペイン新幹線AVEアベの座席はくじ引きで決める
 その192・・・・アトーチャ駅でフリータイム
 その193・・・・売店でミネラルウォーター購入
 その194・・・・アトーチャ駅のトイレ
 その195・・・・長髪日本人ガイドAさん、さようなら
 その196・・・・スペイン国鉄高速鉄道AVEホームへ
 その197・・・・7番線ホームに停まるAVE9624号
 その198・・・・7番線ホーム周辺の風景
 その199・・・・発車前にAVE(アヴェ)車内散策
 その200・・・・発車前にAVE(アヴェ)車内散策
 その201・・・・AVE(アヴェ)車内のトイレ
 その202・・・・発車前にAVE(アヴェ)車内散策は続く
 その203・・・・自分の座席周り
 その204・・・・マドリード・アトーチャ駅を静かに発車するAVE9624号
 その205・・・・AVE9624号から見えた風景
 その206・・・・飛行機のように映画上映中
 その207・・・・PUERTOLLANOプエルトジャノ駅
 その208・・・・AVE(アヴェ)車内の様子
 その209・・・・AVE9624号、コルドバ中央駅に到着
 その210・・・・コルドバ中央駅で待ちかまえていた男
 その211・・・・事件発生!ツアー客を見捨てて逃げた我らが添乗員
 その212・・・・大まかに予想していた通りの行動をしてくれた添乗員
 その213・・・・ローカルガイドにガンガン言われる我らが添乗員
 その214・・・・コルドバ駅(コルドバ中央駅)
 その215・・・・ツアー最終日までお世話になるバスドライバーと対面
 その216・・・・コルドバの風景(車窓より)
 その217・・・・アルカサル通り
 その218・・・・アンダルシア地方・世界遺産コルドバ歴史地区観光を歩くツアー一行
 その219・・・・トリホス通りレストラン「Restaurante Patio Cordobes」or「Bandolero Restaurante」
 その220・・・・レストラン内の雰囲気
 その221・・・・コルドバのランチ、スペイン風オムレツ「トルティーリャ」
 その222・・・・ランチに要した時間は1時間30分
 その223・・・・コルドバ・メスキータ観光
 その224・・・・目つきが怖い添乗員
 その225・・・・メスキータの建物全体の半分くらいをツアー参加者揃って観光
 その226・・・・メスキータ内フリータイム
 その227・・・・モスクの中の教会
 その228・・・・メスキータ・オレンジの中庭
 その229・・・・メスキータを出てユダヤ人街と花の小路散策へ
 その230・・・・定番の中庭
 その231・・・・ユダヤ人街散策は続く
 その232・・・・トリホス通り
 その233・・・・土産物屋でトイレタイム
 その234・・・・業界の隠語?
 その235・・・・アンダルシア地方・セビージャへ向け出発
 その236・・・・黒い牛の看板
 その237・・・・時期が合えば満開のひまわり畑か?
 その238・・・・セビーリャ駅
 その239・・・・EL PALACIO ANDALUZ エル・パラシオ・アンダルス
 その240・・・・フラメンコステージ
 その241・・・・フラメンコディナー
 その242・・・・フラメンコショーの始まり
 その243・・・・演目は次々変わる
 その244・・・・有料記念写真は買いません
 その245・・・・フラメンコ「カルメン」
 その246・・・・さらにフラメンコ「カルメン」
 その247・・・・フラメンコステージは続く
 その248・・・・踊り子勢揃いのエンディング
 その249・・・・宿泊するホテルへ
 その250・・・・トラブル発生
 その251・・・・ツアー参加者置いてきぼりでのバス発車
 その252・・・・何度数えても居ないものは居ない
 その253・・・・興奮して罵声を浴びせるツアー同行者
 その254・・・・ホテルメリア・レブレロス(Melia Lebreros)
 その255・・・・添乗員に関する一考察
 その256・・・・ホテルの部屋の様子

  コルドバ・メスキータ

  フラメンコの本場セビージャ


■4日目(平成17年12月4日 日曜日)
 セビージャ市内観光。ランチでは微妙な味の名物料理を食べた後
 ミハスへ。そこからハイウェイを突っ走りグラナダを目指す。

 世界三大カテドラル世界遺産(世界文化遺産)セビリア・カテドラルヒラルダの塔セビージャセビーリャセリリヤ
 (セビージャ・カテドラル、ヒラルダの塔)

 その257・・・・4日目の目覚め
 その258・・・・ホテルメリア・レブレロスで朝食バッフェ
 その259・・・・ホテルロビー周辺
 その260・・・・チェックアウト後、ホテル周辺散策
 その261・・・・「2個で千円、マホガニー♪」
 その262・・・・セビージャの街角
 その263・・・・マゼランの記念碑
 その264・・・・セビーリャのスペイン広場
 その265・・・・スペイン広場でフリータイム
 その266・・・・マリア・ルイサ公園の中のスペイン広場
 その267・・・・感動は少ないセビリヤ・スペイン広場
 その268・・・・アンデス系バンド
 その269・・・・馬糞の臭いはコルドバもセビージャも
 その270・・・・バス移動の車窓から
 その271・・・・高級ホテル「アルフォンソ13世」ホテル
 その272・・・・世界三大カテドラル世界遺産セビリア・カテドラル
 その273・・・・ライオンの門
 その274・・・・世界遺産(世界文化遺産)セビリア・アルカーサル
 その275・・・・プチアルハンブラ宮殿セビリア・アルカサール
 その276・・・・コロンブスゆかりの品々
 その277・・・・アルハンブラ宮殿風パティオ(中庭)
 その278・・・・細かい細工で装飾されたセビージャ・アルカサル
 その279・・・・観光客による混雑は無い
 その280・・・・修道院のクッキーは買えず
 その281・・・・10分間のアルカサルフリータイム
 その282・・・・庭もきれいなアルカサル
 その283・・・・セビリア、サンタ・クルス街徒歩観光
 その284・・・・サンタクルス街徒歩観光は続く
 その285・・・・入りくんだ狭い路地
 その286・・・・中庭でトイレ休憩込みの20分間フリータイム
 その287・・・・日本人観光客多し
 その288・・・・記念写真にも思い入れが強い人
 その289・・・・ぐるっと回って振り出しに戻る
 その290・・・・人々で賑わうクリスマス市
 その291・・・・セビリア・大聖堂とヒラルダの塔
 その292・・・・日曜日に当たったのでカテドラル見学は無し
 その293・・・・セリーリャ・カテドラル周辺の風景
 その294・・・・セビリア・カテドラルの「オレンジのパティオ」
 その295・・・・石畳の道がいかにも外国っぽい雰囲気
 その296・・・・大闘牛士クーロ・ロメロの銅像
 その297・・・・マエストランサ闘牛場(Plaza de Toros de la Maestranza)
 その298・・・・セビリアの闘牛場
 その299・・・・グアダルキビル川に沿ったクリストバル・コロン通り
 その300・・・・タブラオ「エル・パティオ・セビリャーノEL PATIO SEVILLANO」でランチ
 その301・・・・スープ「ソパ・デ・アホ・コン・ウエボ」は不味かった
 その302・・・・日本人フラメンコダンサーに別れを告げミハスMijasへ
 その303・・・・レアル・ベティスのエスタディオ・マヌエル・ルイス・デ・ロペラスタジアム
 その304・・・・バス車窓から見えたアンダルシア地方の風景
 その305・・・・運転中に携帯電話で話すのは当たり前
 その306・・・・オリーブ畑や白壁集落
 その307・・・・1時間半走り続けてトイレ休憩
 その308・・・・事故車と遭遇
 その309・・・・地中海見ゆ
 その310・・・・アラブの大富豪ジェット族が遊ぶ街
 その311・・・・白い村ミハス到着
 その312・・・・ミハス名物ロバタクシー
 その313・・・・ミハス闘牛場
 その314・・・・高台から見るマルべーリャの街並みと地中海
 その315・・・・amapolaアマポーラ前で一旦解散ミハスフリータイム
 その316・・・・お葬式と遭遇
 その317・・・・自腹でミハス闘牛場に入場
 その318・・・・ミハス闘牛場観客席から観るミハスの眺めはいい感じ
 その319・・・・ミハス闘牛場の展示物あれこれ
 その320・・・・サン・セバスチャン通りは見ていないがアーモンドは買った
 その321・・・・ほこらの礼拝堂
 その322・・・・幼児と言っても基礎体力が違う!
 その323・・・・ミハスにもクリスマスの飾り付けあり
 その324・・・・ミハスからグラナダまでは152km
 その325・・・・ミハスは期待はずれだった
 その326・・・・ドライバー稼業も大変。スナック菓子がご飯代わりか?
 その327・・・・トレモリノス(Torremolinos)の街
 その328・・・・BGMに「アルハンブラの想い出」
 その329・・・・グラナダのホテルに到着
 その330・・・・ホテル「アリサレス デル ヘネラリーフェ」
 その331・・・・ホテルの部屋の様子
 その332・・・・音の通りが良すぎるホテル
 その333・・・・ホテルで夕食(バイキング方式)



■5日目(平成17年12月5日 月曜日)
 世界遺産アルハンブラ宮殿観光の後、グラナダの街でランチ。
 その後、524kmただひたすら走る。向かうはバレンシア。
 
 グラナダ世界遺産アルハンブラ宮殿ライオンの噴水パティオ
 (世界文化遺産アルハンブラ宮殿、ライオンの中庭)

 その334・・・・午前4時30分起床
 その335・・・・朝食バッフェ
 その336・・・・日本のツアー客であふれるロビー
 その337・・・・ホテル「アリサレス デル ヘネラリーフェ」周辺の様子
 その338・・・・トイレの表示は判りづらい
 その339・・・・注意事項を繰り返して刷り込み完了
 その340・・・・紅葉を眺めつつ歩く
 その341・・・・世界遺産アルハンブラ宮殿入場
 その342・・・・大砲
 その343・・・・カルロス5世宮殿
 その344・・・・円形の中庭
 その345・・・・アルバイシン地区
 その346・・・・アルハンブラ宮殿の王宮入場
 その347・・・・確かにセビージャ・アルカサルに似ている
 その348・・・・ガイドはマリアさん
 その349・・・・床は大理石
 その350・・・・ガイドのウケがいいのは許せないのか?
 その351・・・・アラヤネスの中庭でフリータイム
 その352・・・・集合時間は守ろう
 その353・・・・ライオンの中庭
 その354・・・・二姉妹の間
 その355・・・・「アルハンブラ物語」著者ワシントン・アービングの間
 その356・・・・霧に霞むアルバイシンの町
 その357・・・・リンダラハの庭
 その358・・・・日本から持ち込まれた柿
 その359・・・・アルハンブラ宮殿の庭を歩く
 その360・・・・アルハンブラ宮殿から見たヘネラリフェ庭園
 その361・・・・王様の避暑地ヘネラリーフェ庭園
 その362・・・・ヘネラリーフェ庭園は、なるほどねぇという感じ
 その363・・・・ヘネラリーフェ庭園で10分間のフリータイム
 その364・・・・アセキアの中庭からアルハンブラ宮殿を観る
 その365・・・・アセキアの中庭
 その366・・・・アルハンブラ宮殿チケット売り場
 その367・・・・アルハンブラ宮殿観光は2時間で終了
 その368・・・・グラナダの街並み
 その369・・・・パックツアー恒例お買い物タイムは「GAUDI」で
 その370・・・・グラナダの民芸品タラセア(寄木細工)
 その371・・・・CLUB BALONCESTO GRANADA S.A.D
 その372・・・・黄色の丸い郵便ポスト
 その373・・・・今日のランチの不味さを事前にすり込む添乗員
 その374・・・・中華レストランJIN YUAN
 その375・・・・品は変わっても味付けは同じ
 その376・・・・悦にいる添乗員
 その377・・・・グラナダの街にもクリスマスイルミネーション
 その378・・・・雪をかぶったシエラ・ネバタ山脈
 その379・・・・高速道路を走るバス
 その380・・・・岩山をくり抜いた住居
 その381・・・・車窓から見えるオリーブ畑
 その382・・・・目的地はバレンシア
 その383・・・・することと言ったら写真を撮すくらい
 その384・・・・サービスエリアでトイレ休憩
 その385・・・・買った土産はアーモンドのお菓子やひまわりチョコなど
 その386・・・・サービスエリア周辺の風景
 その387・・・・オレンジ畑
 その388・・・・訪れることは一生無いであろう街々
 その389・・・・バレンシアまであと180km
 その390・・・・進行方向右側に見えた地中海
 その391・・・・2度目のトイレ休憩
 その392・・・・高速道路を降りたツアーバス
 その393・・・・バレンシアの街並み
 その394・・・・ホテル「ホリデー イン バレンシア」に到着
 その395・・・・宿泊客で賑わうHoliday Inn VALENCIA HOTELS・RESORTS
 その396・・・・完璧な日本語を使いこなすホテル従業員
 その397・・・・夕食はホテル1階レストラン
 その398・・・・本場で食べるパエリア
 その399・・・・宿泊した部屋の様子
 その400・・・・ナイアガラフォールズ、ホテルスカイラインインを彷彿とさせる



■6日目(平成17年12月6日 火曜日)
 バレンシアから長距離バス移動、バルセロナへ
 そして、バルセロナ市内観光
 サグラダファミリアサグラワファミリヤサクラダファミリアサクラダファミリヤガウディ

 その401・・・・午前5時起床
 その402・・・・朝食は今日もバフェ
 その403・・・・ホテルフロント周り
 その404・・・・バスの席取り合戦
 その405・・・・379kmバスの旅の始まり
 その406・・・・おばさん6人組の習性
 その407・・・・地中海から昇る朝日
 その408・・・・車窓から見えるのはバレンシアオレンジか?
 その409・・・・サービスエリアで休憩
 その410・・・・とりあえず買う物はない
 その411・・・・スペインの貨物列車
 その412・・・・風車群
 その413・・・・飛ばし屋ハビちゃん
 その414・・・・ローマ時代の水道橋
 その415・・・・ひたすら撮す
 その416・・・・高速道路の料金所オンパレード
 その417・・・・この日2度目のサービスエリア休憩
 その418・・・・風強し
 その419・・・・遠くにバルセロナ・プラット空港
 その420・・・・バルセロナ到着
 その421・・・・バルセロナの街角写真
 その422・・・・バルセロナで15分間プチフリータイム
 その423・・・・グラン・ビア・デ・ラス・コルツ・カタラネス通り
 その424・・・・街角散策
 その425・・・・ディスプレーはクリスマス色
 その426・・・・レストラン「Els Fanals」
 その427・・・・PA AMB TOMAQUETやタパス
 その428・・・・怪しい者ではございません
 その429・・・・バスに乗りバルセロナの街を走る
 その430・・・・グラシア通り
 その431・・・・カサ・リェオ・モレラ,カサ・アマトリュー,カサ・バトリョ
 その432・・・・アントニオ・ガウディ設計の世界遺産カサ・ミラ
 その433・・・・味のある街並み
 その434・・・・高台から観たバルセロナ市街地
 その435・・・・世界遺産「グエル公園」
 その436・・・・ガイドの説明を聞きつつ歩く
 その437・・・・サグラダ・ファミリア(聖家族教会)が見えた
 その438・・・・グエル公園の広場
 その439・・・・ボディーガード付き?
 その440・・・・モザイクタイルのベンチ
 その441・・・・ICレコーダーが欲しい
 その442・・・・広場の下はこうなっていたのか
 その443・・・・アントニ・ガウディっぽい建物(本人、本人)
 その444・・・・グエル公園フリータイム
 その445・・・・テレビやガイドブックでお馴染みトカゲ
 その446・・・・人気スポットは観光客でいっぱい
 その447・・・・トカゲと記念撮影する人々
 その448・・・・集合
 その449・・・・来たときとは違う道を戻る
 その450・・・・45分間のグエル公園観光終了
 その451・・・・次はサグラダファミリア観光
 その452・・・・迫力満点サグラダファミリア
 その453・・・・受難の門(御受難のファサード)
 その454・・・・工事現場は本日休業
 その455・・・・「生誕の門」(御生誕のファサード)
 その456・・・・サグラダ・ファミリアフリータイム
 その457・・・・エレベーターで塔に登る
 その458・・・・塔からの眺望
 その459・・・・もちろん地中海も見える
 その460・・・・サグラダ・ファミリア最大の塔
 その461・・・・塔の上での滞在時間は短め
 その462・・・・下界へ戻る
 その463・・・・「生誕のファサード」のステンドグラス
 その464・・・・サグラダ・ファミリアの地下博物館
 その465・・・・アントニ・ガウディも観た古い塔
 その466・・・・ガウディ広場から見たサクラダ・ファミリア
 その467・・・・サクラダファミリア観光終了
 その468・・・・見える限りサグラダ・ファミリアを撮す
 その469・・・・ジョアン・ミロ公園や闘牛場跡
 その470・・・・バルセロナ・スペイン広場(Placa de Espanya)
 その471・・・・バルセロナ見本市協会,カタルーニャ美術館,スペイン村
 その472・・・・屋内競技場サン・ジョルディ館前に立つ巨大なオブジェ
 その473・・・・モンジュイックの丘エスタディオ・オリンピコ・デ・モンジュイック
 その474・・・・ミロ美術館
 その475・・・・モンジュイクの丘展望台
 その476・・・・バルセロナ港
 その477・・・・日本人パックツアー客で賑わう展望台
 その478・・・・バルセロナの夕景
 その479・・・・コロンブスの塔
 その480・・・・パレスホテル(元バルセロナ・リッツ・ホテル)到着
 その481・・・・パレスホテルロビー周り
 その482・・・・宿泊した部屋の様子
 その483・・・・見た目はいい雰囲気
 その484・・・・添乗員、プレゼント配達(LOEWE ロエベのカード入れ)
 その485・・・・自主的フリータイムに出発
 その486・・・・ホテル前の路上に怪しい3人組
 その487・・・・バルセロナの夜景
 その488・・・・グラン・ハバナホテル
 その489・・・・パレスホテルの外観を撮す
 その490・・・・クリスマスグッズショップ
 その491・・・・夕食レストランへ
 その492・・・・レストラン「EL GLOP」
 その493・・・・隣の席はおばさん6人組
 その494・・・・メニューはパスタパエリアほか
 その495・・・・夜のバルセロナ
 その496・・・・ホテルの部屋から見える景色
 その497・・・・水回りにホテルの古さを感じる


■7日目(平成17年12月7日 水曜日)
 帰国 バルセロナ空港を飛び立ち、
 コペンハーゲン経由成田行き

 SASスカンジナビアエアラインSK983便エアバスA340 LN-RKG

 その498・・・・午前4時45分起床
 その499・・・・ホテルパレスの様子
 その500・・・・ホテルパレス1階レストランで朝食ビュッフェ
 その501・・・・旅の疲れか?
 その502・・・・夜明けのバルセロナ
 その503・・・・一本締め撲滅運動
 その504・・・・添乗員への集団お礼撲滅運動
 その505・・・・バルセロナ空港(バルセロナ・プラット空港)
 その506・・・・行間を読まないスペイン人
 その507・・・・セキュリティーチェック
 その508・・・・空港ターミナルでお買い物
 その509・・・・撮影活動に勤しむ
 その510・・・・搭乗口は21番ゲート
 その511・・・・スパンエアJKK033便エアバスA320-200 EC-IMB
 その512・・・・スパンエアJKK033便機内の様子
 その513・・・・空席目立つスパンエアJKK033便
 その514・・・・バルセロナ空港を飛び立つスパンエアJKK033便
 その515・・・・飛行機から見るバルセロナの街並み
 その516・・・・空から見るサグラダ・ファミリア
 その517・・・・空から見るフランス・マルセイユの街並み
 その518・・・・雪山が見え始めた
 その519・・・・ヨーロッパアルプス山脈
 その520・・・・スイスアルプス、マッターホルンやモンテローザはどこに
 その521・・・・広がる雲海
 その522・・・・未確認飛行物体接近中
 その523・・・・デンマーク・コペンハーゲンの風景
 その524・・・・デンマーク・コペンハーゲン空港に無事到着
 その525・・・・空港ターミナル
 その526・・・・ROYAL COPENHAGEN
 その527・・・・クリスマスグッズ,デンマーククローネ
 その528・・・・デンマークのおばちゃん
 その529・・・・ターミナル3・Cフィンガー
 その530・・・・SASスカンジナビア航空SK983便エアバスA340 LN-RKG
 その531・・・・ちょっとしたトラブル
 その532・・・・C33ゲートロビーのトイレ
 その533・・・・SASスカンジナビア航空SK983便搭乗開始
 その534・・・・デンマーク・コペンハーゲン空港を離陸
 その535・・・・旅行代理店アンケート
 その536・・・・ドリンクサービス・機内食サービス
 その537・・・・機内消灯
 その538・・・・筆の持ち方はどうだった?
 その539・・・・高度1万mから観る星空は美しい
 その540・・・・西シベリア上空飛行中。オーロラは見えるのか?
 その541・・・・スチュワーデスにオーロラについて質問
 その542・・・・今現在、飛行機からオーロラが見えている
 その543・・・・オーロラを探す
 その544・・・・日清カップヌードル
 その545・・・・気分がいっぱい
 その546・・・・夜明け

■8日目(平成17年12月8日 木曜日)
  日本海を抜け成田空港へ
  福島県上空

 その547・・・・ロシア・ハバロフスク上空飛行中
 その548・・・・軽食サービス
 その549・・・・飛行機から見る富士山
 その550・・・・成田空港到着
 その551・・・・もう我慢しない
 その552・・・・お金が絡んだときの空耳は注意
 その553・・・・帰国後最初のランチはラーメン・カレー
 その554・・・・これから旅立つ人々がちょっぴりうらやましかったり?
 その555・・・・おそらく、仲良しご夫婦
 その556・・・・そこそこ熟睡
 その557・・・・旅の終わり


| 2005スペイン旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
旅の終わり  スペイン旅日記557:スペイン旅行記
■8日目(平成17年12月8日 木曜日)

東京駅

東京駅中央通路を歩く相方と私の前方を
快速エアポート成田で一緒だったご夫婦が歩いている。
途中で立ち止まり、左方向を見ている。
お二人が見ている方向に、
長野新幹線のホームあり・・・。
そして、
迷うことなく長野新幹線の改札へ向かって歩いていった。
腕時計で時間を確認。
お二人が乗る予定の新幹線には余裕で間に合いそうだ。
もう大丈夫。
お気をつけてお帰りください。
今度は終点駅まで乗られるようなので、
ぐっすり寝ても大丈夫か?(笑)

では我々も東海道新幹線ホームを目指しGO!
前回はここで、
地下総武線ホームから東海道新幹線ホームまで猛ダッシュで走り
5分で到着という自己ベストタイムをたたき出した相方と私だが、
今回はゆっくり行きましょう。
(前回、帰国後、相方の体調不良が1ヶ月以上に渡って長引いたのは
この猛ダッシュも一因との説あり・・・)


今回の旅の最後に撮した写真はこれ
ドクターイエロー黄色い新幹線
東京駅ホームから出発するドクターイエローこと
黄色い新幹線。
(これ以上、ハードディスクに残っている写真はないし、
 旅の手帳に書いてあることもない)

このあと、
新幹線に乗り自宅最寄り駅まで帰り、
そこから乗ったタクシーのドライバーはかなりの喋り好きで、
「海外旅行帰りです」
と言ったら、
「おぉ〜そうかい。偶然だねぇ。うちの息子は成田空港で働いているよ」
と、
そこからまた話が広がっていった。
ただし、話を広げていくのはドライバーのみだが・・・。(笑)


これにて今回の旅行記は終了。
「もう当分、旅行はいいです」という感じもしないでもなく。(苦笑)
と言いつつ、
ロッテアーモンドチョコレート、韓国旅行プレゼントキャンペーンの
A賞が当たりますように!

ちなみに、
今回の旅で撮してきた写真(デジカメ フジフイルム FinePix F11)は
3000枚。
ツアー同行者には、
「あいつ、しょっちゅう写真撮ってるよ」
と思われたに違いない。
コンパクトカメラの方がバカバカ気軽に撮れて、
旅のメモ代わりにはいいかもしれない。(その分、撮影枚数ものす)
これでICレコーダーがあれば完璧か?


■旅の情報
 スペイン・バルセロナ

 スペイン・マドリード

 スペイン・トレド

 スペイン・セビーリャ

 スペイン・コルドバ

 スペイン・グラナダ



<< 前のページ|

[ 2005年スペイン旅行記 TOP Pageに戻る ]



| 2005スペイン旅行記 | この記事URL | comments(3) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
人で溢れる東京駅  スペイン旅日記556:スペイン旅行記
■8日目(平成17年12月8日 木曜日)

快速エアポート成田

老夫婦の乗り間違え事件は
一応、無事一件落着となったようだ。

奥様は早速、おねむの時間となっている。(笑)
が、
ご主人は、
乗り間違えに続き寝過ごすミスを犯してはならないと思ったからか、
寝ないで頑張っている風に見える。
私にも睡魔が襲ってきた。
寝ずの番は相方にお任せしよう。
薄れ行く意識の中、
老夫婦のご主人が、
旅行会社から送られてくる「旅の最終日程表」をパラパラと
めくっているのが見えた。
ドイツ周遊の旅に行ってきたのね、
行ってきたのね、
行ってきたのね・・・・・・。zzzzzzZZZZZZZ

目が覚めたのは東京駅到着数分前。
ナイスタイミング!
そして東京駅到着。
老夫婦に先に降りていただきましょう。(当然・・・)
先ほどの若車掌がやって来て老夫婦をエレベータまで先導していく。
いつか役立つときがあるやもしれずということで、
老夫婦と若車掌がエレベーターに乗り込むところまで見届けて、
エレベーターの位置を確認する相方と私。
なるほど。
あそこがエレベーターのある位置ね。

では、
我々はいつも通りエスカレーターを乗り継ぎ参りましょう!
快速エアポート成田を降りた地下総武線のりば(地下5階)から
エスカレーターに2つ乗り、
東京駅の中央通路に向かう3つめのエスカレーターに向かって
歩き出したところで、
その3つめのエスカレーターに乗ろうとしている先ほどの老夫婦発見。
地下総武線のりばのエレベーターは、
東京駅中央通路まで一気に行けるのではなく、
エスカレーター2回分を行き来するだけのようだ。
それでも、老夫婦と我々には差が開いている。
エレベーターを使った方が若干早いのは間違いない。
そういえば、
エレベーターに老夫婦と一緒に乗り込んだ若車掌の姿見えず・・・。
若車掌による案内は、
ほとんどエレベーターの場所を教えるだけという感じだったようだ。
まっ、お忙しいのでしょう。
というか、
ここまで案内してもらえれば、
あとはあのご夫婦にも多分判るし。

■旅の情報
 スペイン・バルセロナ

 スペイン・マドリード

 スペイン・トレド

 スペイン・セビーリャ

 スペイン・コルドバ

 スペイン・グラナダ



<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2005年スペイン旅行記 TOP Pageに戻る ]



| 2005スペイン旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
また引っ張るのかい・・・ スペイン旅日記555:スペイン旅行記
■8日目(平成17年12月8日 木曜日)

快速エアポート成田

成田エクスプレスの切符ですね・・・。

おそらく70代であろうこのご夫婦、
成田エクスプレスと間違えて快速エアポート成田に乗ってしまったようだ。

「次の駅で降りて引き返した方がいいかねぇ?」
と、ご主人。
「次の成田エクスプレスに乗る筈だったんすよね?
 だったら、引き返しても間に合わないです」
と、相方。
ご主人:「しまったなぁ・・・」
ご主人:「そうかぁ、この電車じゃなかったのかぁ・・・」
ご主人:「この電車は東京駅に停まりますか?」
相方:「はい、停まります」
奥様:「東京駅に停まるならいいじゃないですか。
    この電車で行きましょう」
私の心の中:「ミスしたご主人を非難することもないし、
      しゃべり方にも品がある奥様だ」
ご主人:「何時に東京駅に着くか判りますかねぇ?
    新幹線の指定席も取ってあるので・・・」

自前の「旅の手帳」に、
手作り時刻表が貼り付けてあるので早速確認。
それによれば、
我々の乗る快速エアポート成田の東京駅着は
ご夫婦が乗るはずだった成田エクスプレスより約20分遅い到着の
14時32分。
ご夫婦が乗る予定の長野新幹線あさまの切符拝見。
う〜ん、5分くらいの余裕しかない・・・。
これは、どうだろう・・・?
お二人の年齢を考えると、
間に合・・・わない?

っとそこへ、
車掌が検札のためやって来た。
事情を説明し、
調べてもらった結果、
自前の「旅の手帳」に貼り付けておいた時刻表に
誤りがあることが判った。(苦笑)
我々の乗っている快速エアポート成田の東京駅着時刻は
14時32分ではなく14時28分。
約10分の余裕があれば間に合うか?
運賃について、ベテラン車掌に相談に行ってくると
若手車掌はここで一旦、姿を消した。

ご主人:「あせってケガでもしたら困るし、
     1本遅らせてもらおうか?」
奥様:「その方がいいかもしれませんねぇ」(あくまでも品がいい)

若手車掌がベテラン車掌を引き連れて戻ってきた。
運賃の説明をされたあと、
ご主人が
「新幹線を1本遅らせて欲しい」と若手車掌に伝えた。
若手車掌:「10分ありますから間に合いますよ」
若手車掌:「それにこの電車の止まるホームにはエレベーターもありますし」
ご主人:「そうですかぁ・・・」
ご主人、不安そう。
ご主人の不安な様子を見たからか、
ここでベテラン車掌、
「○○君、東京駅で降りるんだったなぁ。○○君、案内してあげなさい」
と、
ベテラン車掌さん、若手車掌に老夫婦を案内するよう言っている・・・。

おぉ〜!!
国鉄民営化の成果は着実に上がっているぞ!
という感じ。(笑)

■旅の情報
 スペイン・バルセロナ

 スペイン・マドリード

 スペイン・トレド

 スペイン・セビーリャ

 スペイン・コルドバ

 スペイン・グラナダ



<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2005年スペイン旅行記 TOP Pageに戻る ]



| 2005スペイン旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
車両の形や色は知っておいた方がいい スペイン旅日記554:スペイン旅行記
■8日目(平成17年12月8日 木曜日)

成田空港第2ターミナル


昼食終了。

成田国際空港第2旅客ターミナルビル国際線出発ロビー
成田国際空港第2旅客ターミナルの出発ロビーは
この日も賑わいを見せていた。

ここで、
成田空港第2ターミナルに流れるアナウンス
「SASスカンジナビア航空983便ご利用の○○様」
「983便は間もなく出発いたします」
「現在、983便は○○様お一人をお待ちしております」
「搭乗ゲートB74までお急ぎください」
おっ、
B74搭乗口に停まっているスカンジナビア航空983便と言えば、
相方と私が先ほどまで長い道のりを供にした飛行機だ。
こういう遅れる人って、
どういう理由で遅れるのだろう?
気になる。


さー、帰ろう!
地下へ降り、快速エアポート成田到着を待つ。
成田国際空港第2旅客ターミナルビル地下ホーム
空港第2ビル駅

時間的にこの頃は到着便が少ないのか
ホームは人影まばらで、
相方と私を含めて10人もいない。
その中に、
我々と同じ旅行社主催のツアーに参加されたのであろう
かなり年配のご夫婦(らしき)の姿あり。
(スーツケースに同じ旅行社のシールが貼ってあった)

快速エアポート成田が空港第2ビル駅に到着。
乗り込みますか。
電車が空港第2ビル駅を発車し、
しばらくして、先ほどホームにいたかなり年配のご夫婦が
相方と私の座っている車両にやって来た。
そしてご主人が相方に質問。
「○号車はどこでしょう?」
自分の座席が判らないようだ。
というか、
快速エアポート成田の場合、好きな席に座ればいいわけで、
なので、
「ここはグリーン車なのでグリーン料金は必要ですが、
 座席はどこに座っても大丈夫ですよ」
と相方。
するとご主人
「えっ?そうなんですか?
 座席もちゃんと予約して番号が書いてあるんだけど」
そこで相方、
「切符を見せて貰ってもいいですか?」
と、ご主人が手に持つ切符を見せてもらう。
う〜ん、これは、
今乗っている快速エアポート成田の次に「空港第2ビル駅」に到着する
成田エクスプレスの切符ですね・・・。

■旅の情報
 スペイン・バルセロナ

 スペイン・マドリード

 スペイン・トレド

 スペイン・セビーリャ

 スペイン・コルドバ

 スペイン・グラナダ



<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2005年スペイン旅行記 TOP Pageに戻る ]



| 2005スペイン旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
成田国際空港第2ターミナルでランチ スペイン旅日記553:スペイン旅行記
■8日目(平成17年12月8日 木曜日)

成田空港第2ターミナル

ちょうどほぼお昼時なので、
成田空港でランチといきますか。
成田空港第2旅客ターミナルビルの上の階へGO!

日本の味がちょっとだけ恋しい感じ。
ということを基本にレストランを選んでみた。

そしてその店で注文したのがこれ。
成田国際空港第2旅客ターミナルビル中華レストラン
相方は味噌ラーメン
私はラーメン・カレー丼セット
餃子もね!
成田国際空港第2旅客ターミナルビル中華レストラン

日本の味が恋しくて和食じゃないんかい!?
という感じ。(笑)

味は・・・、
どうだったろう?
(記憶に残らない味だったということは確かである)

■旅の情報
 スペイン・バルセロナ

 スペイン・マドリード

 スペイン・トレド

 スペイン・セビーリャ

 スペイン・コルドバ

 スペイン・グラナダ



<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2005年スペイン旅行記 TOP Pageに戻る ]


| 2005スペイン旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
自信がないのに手を挙げたら先生に指名され「ほにゃです」と前半意味不明に答えている感じ スペイン旅日記552:スペイン旅行記
■8日目(平成17年12月8日 木曜日)

成田空港第2ターミナル

相方の分、私の分、
計2つのスーツケースを宅配便で自宅へ送る手続きへ向かう。
クロネコヤマトで送りますか。
クロネコヤマトの窓口で送り状に記入し始める相方。
と、そこで、
近所のブース前で大きな声を出し、
まるで水商売の呼び込みのごときセールストークを
展開する某航空会社系宅配業者の青年あり・・・。
スカンジナビア航空と全日空をご利用だったお客様ーーーー!
スカンジナビア航空と全日空をご利用だったお客様ーーーー!
スカンジナビア航空と全日空をご利用だったお客様に限り、
運賃、ごジュッパーセント引きとさせていただきまーす!
スカンジナビア航空と全日空をご利用だったお客様ーーーー!
スカンジナビア航空と全日空をご利用だったお客様に限り、
運賃、ごジュッパーセント引きとさせていただきまーす!
スカンジナビア航空と全日空をご利用だったお客様ーーーー!
スカンジナビア航空と全日空をご利用だったお客様に限り、
運賃、ごジュッパーセント引きとさせていただきまーす!

えっ!!!
運賃50%引き!!!???
さすがスターアライアンスグループに属する航空会社系運送会社。
仲間じゃん、仲間じゃん。
スターアライアンスグループ利用客に限り運賃50%引きですか。
やること太っ腹。
これはクロネコヤマトはキャンセルでしょう!
途中まで伝票に記入していた相方の作業を止めて、
スーツケースを転がし隣の某航空会社系宅配業者のブースへGO!
そしていざ支払いの段になりお口あんぐり。
領収書をどう見ても、
窓口に表示されている運賃の50%引きではなく・・・。
これって一体・・・?
表示されている金額と支払った額を足し引きすると、
ちょうど10%引き。
呼び込みのにーちゃんが大声で叫んでいた
「ごジュッパーセント引きとさせていただきまーす!」
そう言えば、
どちらかと言えば、
「ごジュッパーセント引き」ではなく、
「ほジュッパーセント引き」という感じだったかも。(苦笑)
ジュッパーセント引きの前に、小さく小さく、
まるで息を吐き出している風の意味のない「ほ」を付け足して
言っている感じだった。
こりゃ〜1本取られたっ! か?(笑)
繰り返し何度も言っていた口上は、
少なくとも、
綺麗な濁りのない余計な発音もない「ジュッパーセント引き」
でなかったことは確か・・・・だと思う。
(いやいや時差ぼけで空耳空耳)
まっ、
いずれにせよ、10%引きになったおかげで、
数10円単位とはいえこの某航空会社系宅配業者の方が安かったので
よしとしよう。

あっ!
「運賃を10%引き」
をジュッパーセント引き
をジュッパーセント引き
ごジュッパーセント引き
50%引き
「運賃50%引き」
これか?(笑)
やはり己の聞き間違えっぽい。(苦笑)

■旅の情報
 スペイン・バルセロナ

 スペイン・マドリード

 スペイン・トレド

 スペイン・セビーリャ

 スペイン・コルドバ

 スペイン・グラナダ



<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2005年スペイン旅行記 TOP Pageに戻る ]



| 2005スペイン旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP
ほとんどメモ書き覚え書き(それはこの旅行記全体について言えることか?) スペイン旅日記551:スペイン旅行記
■8日目(平成17年12月8日 木曜日)

バルセロナからコペンハーゲン経由で日本へ帰国

成田空港

午前10時40分
相方と私の乗るSASスカンジナビアエアラインSK983便は
成田空港第2ターミナルのB74スポットに到着。

飛行機のエンジンが停止したところでデジカメを取り出しパチリ。
成田国際空港第2旅客ターミナルB74ゲートSASスカンジナビアエアラインSK983便エアバスA340 LN-RKG
(FUJIFILMフジフイルム FinePix F11)
SK983便の隣りに停まっているANAのB747(JA8096)の背中の上に
前泊したホテル日航ウインズ成田が写っている。

手荷物を持ち、通路に出て
飛行機を降りるための列が進むのを待つ。
この時、
飛行中にガーガーゴーゴー大きなイビキをかきながら
通路に足を投げ出して寝ていたいたおばさん6人組メンバーが、
ぐいぐい押してきた。
が、足を踏ん張り微動だにしない私。
二度と会う奴じゃなし、
最後くらい、「おみゃーの自由にはさせにゃーで」の細腕繁盛記方式。

飛行機を降り、
入国審査、ターンテーブルからスーツケース回収。
その辺りに居たツアー同行者と添乗員に挨拶し、
そして税関検査へ。
(ツアー一行としての旅の締めは、
 バルセロナにて空港へ向かうバス車内で済んでいる)
ここで、SK983便機内にいたあの目立つ某外国人さんが
思いっきり荷物の検査をされていた。
彼のその風貌が影響しているのだろうか?
相方と私は、
「何もありませんね〜?」
と言う問いに、
「はい」と答えて税関を通過。
これで正式に日本に帰ってきたということになるわけか?

■旅の情報
 スペイン・バルセロナ

 スペイン・マドリード

 スペイン・トレド

 スペイン・セビーリャ

 スペイン・コルドバ

 スペイン・グラナダ



<< 前のページ|-----|次のページ >>

[ 2005年スペイン旅行記 TOP Pageに戻る ]



| 2005スペイン旅行記 | この記事URL | comments(0) | trackbacks(0) | ↑ PAGE TOP